「ドラゴン桜」鈴鹿央士の“ツンデレ”ぶりが視聴者のハート鷲づかみ!

 5月30日放送の「ドラゴン桜」(TBS系)第6話で多くの視聴者を萌えキュンさせた藤井遼を好演中の鈴鹿央士。前週の第5話で、原健太(細田佳央太)に面と向かって「いらない命なんだよ! 生きてるだけで迷惑なんだよ!」と暴言を吐いたため、ネット上では「マジむかつく」「藤井のねじ曲がった性格をどうにかして」「今後、藤井が更生しても絶対に許さない」「藤井も東大専科に来るんだろうけどマジいらね」など、ネット上ではブーイングの嵐に。

 今週は「東大専科」とのテスト対決に負けたため、藤井は「東大専科」メンバーと一緒に3日間の勉強合宿に強制参加。合宿最終日に桜木(阿部寛)から「もう帰っていいぞ」と言われ、「東大専科」のメンバーからも「じゃあね」「バイバイ」などと声をかけられた藤井は、最初は小声だったが最終的には大きな声で「俺も東大専科に入りたい!」と“言わされる”ことに。また、健太に謝罪して握手するシーンや、小杉麻里(志田彩良)に「ウチもさ、兄貴2人が超優秀で、俺だけ高校受験失敗して肩見狭いっていうかさ」と家庭環境をぼやくシーンがあり、ネット上には「あんなに憎たらしかった藤井がどんどんかわいいんですけど!」「ちょっと素直になっただけで、絶対に許さないと思っていた藤井を許すどころか好きになってる」「藤井も仲間になるドラクエ展開とツンデレ加減にキュンしかない」「藤井を好きになる回でした」といった声が続出している。

「第5話までの嫌味で意地の悪い憎まれキャラが効いていたぶん、第6話で東大専科のメンバーらと離れがたくなっている素直な藤井が、よりかわいく見えたのでしょう。おそらく藤井のツンデレは続くと思うので、今後も視聴者のハートを鷲づかみにすることでしょう」(女性誌記者)

 第6話で「藤井の顔がとても小さくてかわいいことに気づいた」という声まであがった鈴鹿。このドラマが終わる頃にはファンが急増しているかも?

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング