哀川翔はあの雑誌のライターだった!芸名の由来と意外過ぎる過去

 俳優の哀川翔が6月22日、「ノンストップ」(フジテレビ系)に出演。知られざる過去と自身の芸名の由来を語った。

 相川は1980年代に活動していたユニット・一世風靡セピアのメンバーとしてデビュー。その後、俳優としては100本以上の作品で主演を務めてきたが、デビュー前は雑誌「Popteen」のライターとして若者文化を追いかけていたという。そして、ライターとして一世風靡セピアの母体である劇男一世風靡の取材をするうちに自らが加入することになったという驚きの経緯を明かした。

 ライター時代は「カケ メグル」「ショウ・ロンリーリバー」などのペンネームを使用。前者について哀川は「いつも駆け巡ってたから『カケ メグル』でいいんじゃない」と安易に決めたことを明かし、後者の「ショウ・ロンリーリバー」は現在の芸名である哀川翔が由来という。さらに哀川翔という名前にした経緯は「何か意味をもたせたくて、あ行がいいなと思って」と告白。そこから哀愁の“哀”を思いつき、「哀しみを川に流して翔びたて」を略して「哀川翔」に決めたと語った。ネットには哀川のネーミングセンスについて《だ、ださい‥‥》《ロンリーリバー素敵です笑》《ファーストサマーウイカと一緒やな》などさまざまな感想が集まった。

 また、相川が「Popteen」のライターをしていたという事実について《哀川翔さん、一世風靡セピアは知っちょったけどその前は、Popteenのライターさんだったなんて、かなり驚愕》《哀川翔がPopteenの編集者だったことに衝撃を受けている》《これホントかよww 哀川翔はティーン向けの女性誌Popteenのライターやってたってwww》など驚きの声が続出した。

「『Popteen』は現在ではハイティーンの女子高校生向けのファッション雑誌として知られていますが、1980年の創刊から哀川がライターとして参加していたころはティーンエイジャー向けの男性雑誌で、いじめ問題を扱った硬派な記事やヤンキー路線、艶系の記事などが中心でした。雑誌が女性向けにシフトしていったのはギャルブームが訪れた90年代頃からなので、哀川はギャル向けの記事を書いていたわけではありません」(芸能記者)

 カケ メグル、またはショウ・ロンリーリバーが当時、どんな記事を書いていたのか気になるところだ。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング