産後の再就職で確認しておくべきこと

 産後に再就職をしたいけれど、いざとなると不安が大きいものですよね。仕事と育児を両立できるのか、職場に迷惑がかからないか、子どもがぐずらないかなど、悩みは果てしなく出てきます。

 いっそ就職はせず、フリーランスで働いたほうが育児と両立しやすいということも。でも、フリーランスとしていきなり独り立ちするのは、なかなか難しいこともあるでしょう。そこで、産後に再就職する際、こうした悩みはどう解消できるのかを探ってみました。

■急な園からの呼び出しがOKか確認しておく

 会社としては急な早退は仕事に穴が開くため、歓迎できることではありません。基本的には迷惑がかかってしまうといっていいでしょう。再就職先には、こうした急な園からの呼び出しについてどうなるのか、必ず確認しておきたいものです。もし不安が大きい場合は、在宅勤務やフリーランスを選ぶのが得策といえそうです。

■家族の協力体制を整えておく

 夫が育児に対して積極的な姿勢であれば、急な呼び出しに夫が代行してくれるケースもあるでしょう。また、自分の両親が近隣に住んでいれば、子どもをお迎えに行ってくれることもあるので、家族の協力体制は重要です。人を積極的に頼り、体制を整えておくことで、安心して再就職ができますね。

■小さい子を育てるママ社員がいる職場を選ぶ

 すでに実績がある職場は、安心感が高まります。小さい子を育てるママ社員がいる職場を選び、その社員に事前にヒアリングできれば万全です。

 産後に再就職をして働いている女性もいることは事実。自分の状況に合ったうまいやり方を探しましょう。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング