年齢が出やすい“首のたるみ”を予防するケアとは?

 美容のため、顔やボディのケアに励んでいる女性は多いと思いますが、首のケアまで手が回っていますか?

 実は、たるみやシワが気になってからではなかなか改善しにくいのが、首回りのトラブルなんです。潤いとハリを失わぬよう、手軽にできる次のようなケアを習慣化するのがオススメですよ。

■保湿は「首」までぬかりなく

 顔のスキンケアのついでに首までできるかが、結果として大きな差となります。肌の乾燥はたるみやシワの原因になりやすいので、年齢を感じる前に保湿習慣をつくるとよいでしょう。洗顔後の保湿ケアと同時に行えば、特別に時間を確保しなくてもよいので効率的です。

■姿勢を正す(うつむかない・猫背にならない)

 1日の中で、スマホやP Cの操作、読書などで下を向く時間が長い人は要注意。たるみがなくても首にシワができやすく、それがくっきりと残ってしまうと、シワを起点にたるみを感じやすくなってしまいます。うつむくような姿勢になる前屈みの状態や、猫背は首の老化の大きな原因の一つ。日々姿勢を正しておくことで、日々のケアもラクにしましょう。

■首を伸ばすストレッチを

 日々、意識的に首を“伸ばす”ことも重要です。休憩時間や隙間時間に、首を伸ばすストレッチでケアしましょう。次のようなストレッチなら、1~2分で取り組めますよ。

1.姿勢を正す

2.下あごを突き出すようにして首を伸ばす

3.顔をグ~ッと可能な限り上向きにし、首が伸びるのを意識しながら10秒間キープする

4.ゆっくり脱力する

5.2~4を1セットとし、5セット程度行う

 年齢が出やすい首回りこそ、日々のケアを大切にしたい部位。ライフスタイルに合わせて取り組んだり、タイミングを調整して習慣化したりしてはいかがでしょうか。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング