朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロイン候補、小芝風花が本命である理由

 8月27日、NHK大阪拠点支局が2022年度後期の朝ドラ「舞い上がれ!」の制作を発表した。さっそく、オーディションで選ばれるヒロインについて、ネット上で盛り上がりを見せている。

 この朝ドラは“ものづくりの街”として知られる東大阪市で生まれた舞がヒロイン。引っ込み思案だった舞は、自然豊かな長崎・五島列島に暮らす祖母・祥子のもとを訪れ、五島列島の広い空に風を受けて力強く舞い上がる“ばらもん凧”に魅入られ、パイロットになる夢をふくらませていくストーリー。物語の舞台が東大阪市と長崎県五島列島であることから、ヒロイン候補として大阪府堺市出身の小芝風花や五島列島五島市出身の川口春奈の名前が挙がっている。

 小芝は、2015年度下期の朝ドラ「あさが来た」でヒロインの娘役を好演。2019年にはドラマ10「トクサツガガガ」(NHK)ではオタク女子のヒロインをコメディタッチに演じて「コンフィデンスアワード・ドラマ賞作品賞」を受賞。さらに「パラレル東京」(NHK)でも主演を務めるなどNHKでの覚えもめでたく、今期はドラマ「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)で民放GP帯でも主演を務めるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いを見せている。

 一方の川口は、2020年大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK)で、沢尻エリカに代わって急遽・帰蝶(濃姫)役を演じて大きな注目を集めると、今年4月期にはドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)では主演を務めて好評を博している。

「ネットでは、小芝推しからは『大阪出身の小芝風花ちゃんがヒロインしてくれたら嬉しいな。関西弁めっちゃ可愛いし』『NHKドラマでの主演・出演経験多数の小芝風花ちゃんが満を持して登板かな』という声が上がる一方、川口推しからは『五島列島が舞台の朝ドラ、ヒロイン川口春奈ちゃんしか浮かばない』『頑張ってオーディション勝ち取れ!』という声が上がっています。しかし、川口は『舞い上がれ!』の前作に当たる沖縄を舞台にした『ちむどんどん』でヒロインの姉役という主要キャストに決まっており、2作連続、しかもヒロインを演じるのは難しいでしょう。しかも、川口は交際中と見られる格闘家・矢地祐介との結婚も取り沙汰されており、やはりここは小芝有利とみるべきではないでしょうか」(週刊誌記者)

 川口は2016年「ORICIN NEWS」の取材で「夢はスバリ、朝ドラヒロインの座を射止めること」と語っている。果たして、主演の行方は。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング