キレイを維持しやすい「整理整頓」3つのヒント

 気合いを入れて定期的に部屋を片付けているのに、またすぐにモノが散乱してしまうことはありませんか?

 整理整頓した状態をキープするには、片付けしたモノを、あるべき場所に戻しやすくすることが大切です。そのため、片付けの際に次のような工夫を取り入れてみてください。

■隠す収納を「ラベリング」で可視化する

 見た目を重視して“隠す収納”にすると、部屋がスッキリ見えてとても気持ちがいいですよね。一方で、たまにしか使わないものは置き場所を忘れやすく、使いたいものを探すときに苦労したり、一度使用したものをどこに戻せばよいか分からなくなってしまったりすることも。そのため、不透明のボックスや引き出しには、ラベルライターを活用して“何をしまうべきところなのか”を可視化しましょう。

■収納場所は「使用する場所」からの導線を考える

 使うたびに取りにいくのが億劫な場所に収納しては、一度出したら戻したくなくなってしまいます。収納場所は使う場所の近くになるようにし、使用したいときによくいる場所からの導線がスムーズになるよう配置すると、出しやすくしまいやすい状態になりますよ。

■収納には「余白」をもたせる

 すべてのモノがぴったり収納された“シンデレラフィット”の状態は清々しいですが、調節がききにくいのがデメリット。よくストックを追加するものや、新しいものを増やす可能性が高いものの管理には不向きです。新たに収納したいものが出てきたときに、位置が定まるまで一時的に置いておける“余白”を設けておくと、使用するものの種類や数が変わったときに対応しやすいですよ。

 使い勝手がよく、元に戻しやすく、ちょっとした変化にも対応しやすいように工夫しておくと、片付けを習慣化しやすくなります。整理整頓が苦手な方ほど、仕組み作りが重要です。まずは、現状の収納方法に使いにくさがないか、チェックするところから始めてみてはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング