野々村真が再び“反政府”発言?恨み節で波紋広がる

 タレントの野々村真が10月6日放送のラジオ番組「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ)に出演し、新型コロナウイルス感染で重症化した当時の状況を振り返った。

 野々村は7月30日に陽性が判明し、自宅での療養を続けていたところ、8月5日に体調が急激に悪化。病院へ運ばれ、一時は集中治療室に入るほど重症化していたという。最終的に同24日に無事退院を果たしたものの、自宅療養中は38~39度の高熱が1週間ほど続き、呼吸も苦しくなるほどの症状だったと明かした。

 陽性が確認された当初は「基礎疾患もなくて、健康そのもの。まさか自分が。軽症で終わるだろう」と思っていたという野々村だが、次第に高熱が出始め、「怖くて、土曜日の夜には救急車を呼んだんですけど、パルスオキシメーター(血中酸素飽和度)が92まで落ちて、苦しさも半端じゃなかったので、呼んだんですけど、その時は『80台じゃないと入院できない』と。だからあきらめて。救急隊員の方も『申し訳ございません』って戻っていく姿を見て、『こちらこそ、申し訳ございません』って」と救急隊員とのやり取りを振り返った。

 その後もパルスオキシメーターの数値が90にまで落ち込むなど、苦しい状況が続いたが、やはり「無理なんです。80台にならないと」と入院は叶わず。

 野々村は「その間、一度だけ先生に診てもらえたんです。その先生の声で、(自分の症状を)聞いてもらっただけで安心できた」としつつ、当時の心境については「生きた心地(がしない)というか、恐怖というか。自分が57年生きてきて、一度もこんな苦しい状況になっていない。連れていってもらえないという、見捨てられた(気分)。この国はもう助けてくれないのかなっていう寂しさ。こんなこと言っていいのかわからないけど、その時はそういう気持ちだった」と正直に思いの丈を述べていた。

「野々村はレギュラー出演している情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)の中でも、入院するまでに2度、救急搬送を断られていたことを告白。また、9月6日放送回では、自民党総裁選への不出馬を表明した菅義偉首相(当時)について、『申し訳ないですけど、もっと早く菅首相には辞めていただきたかったなくらいの思い』『このような状況になって“今かよ”と』などと一蹴し、ひっ迫した医療現場の改善により多くの力を注ぐべきだと主張したところ、世間からは『自分のコロナ感染を政府に責任転嫁するな』『自分はテレビでマスクもしないで仕事してるのに』などの批判が寄せられることに。

 その後、自らの発言を謝罪していた野々村でしたが、再び『見捨てられた』『この国はもう助けてくれないのかな』などと政府に対する恨み節ともとれる発言をしたことで、再びネットからは『ここまでのことを体験しておきながら、復帰後は感染対策がガバガバなバラエティ番組に出演してるという自己矛盾についても説明して』『国が云々よりも、テレビ局の感染対策の甘さやご自身の対策は徹底していたのかを検証されたほうがいいのでは』『治療してもらえたのにどこが見捨てられたなの?』『ちょっとしつこい』『助けてもらった感謝より文句』『まだ言ってんのか』などのツッコミが集中しています」(テレビ誌ライター)

 自身を救ってくれた医療従事者に対しては感謝の言葉を述べていた野々村だったが、その後は“反政”のスタンスを取り続けているようにも見え、世間の一部からはどこか違和感を抱かれてしまったようだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング