アンミカが伝授! 「初対面の人と1分で打ち解ける」ことができるテクニックとは?

 モデルでタレントのアンミカが11月29日放送の「霜降りミキXIT」(TBS系)に出演。独自のコミュニケーション術を明かし、共演者を驚かせた。

 この日、アンミカは幅広い分野と交友関係を持つ中で培ってきた「初対面の人と1分で打ち解けるマル秘テクニック」を紹介。特に有効な手段として「親近感を与えるイケてない話」を挙げ、初対面の人と挨拶をする際、「自分がどういうことをしている人か、ちょっとお褒めの言葉、お互い褒め合うんだけど、いい話ばかりで自慢大会になってはいけない。でも、人の悪口は言っちゃいけないので、ちょっと親近感を与える自分の失敗話をユーモラスに話す」のだという。

 これを受け、番組進行の霜降り明星・粗品が「アンミカさんにイケてない話があるイメージがない」と語ると、アンミカは「私もイケてないってわかってなかったんやけど、芸能界に入ってわかったのが、思ったよりお家が貧しかったかなって」と、実家の貧困さを後になって気付かされたと打ち明けた。

 幼少期の貧乏エピソードを語り合うバラエティ番組において、「みんなが『ウチのお風呂はこうで!』って言ってた時に、『あ、お風呂ある家に住んでたんや』とか」と周囲とのギャップを痛感。これにはミキ・亜星も「そのレベルか!」と反応すると、アンミカは続けて「人にプレゼントをあげる時も、皆さんは買うけど、私は基本、手作り。自分が着ていたセーターは1回リンスをして干しておくと、フワフワになるから、それは編み直してセーターあげたり。銭湯に行くと、使いかけのリンスが捨ててあるから、それを回収して、柔軟剤みたいにして外にかけておくと、フワフワになるのよ。それをもう1回、彼のためにマフラーとかに編み直すのとか」などと、次々に貧しさを乗り越えるための工夫や小ワザを披露した。

 さらに、経済的な事情から、勉強机も買ってもらえなかったようで、「5人きょうだいで、そんな机ないわけ。だから、タンスの下の2段目ぐらいを出して、そこに段ボールを置くと、机になるの」と笑顔で告白。「自分のことはクスッと笑える自虐みたいな、ユーモラスに話す話術」と、一連のエピソードを明るく話すことで、周囲と打ち解けることに役立てているようだ。

「6月30日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)の“貧乏性人生相談SP”では、きょうだい喧嘩で鼻を骨折するも、『普通やったら、真っ先に病院に行くと思うけど、母親は病院の前で待っとけと言うんですよ。で、お医者さんを外に呼び出して、何かしゃべってるんです。そしたら、戻ってきて“よし、帰ろう”って』とするエピソードを披露。あまりの貧しさゆえ、診察代を払うことが難しく、母親が医者から治療法を教えてもらい、割り箸と布を組み合わせてアンミカの鼻を固定し、無事に完治したと振り返っていました。彼女の極貧エピソードは、それを苦悩だと感じていないアンミカ自身が明るく語り、最後はポジティブな結末で終えるという特徴があるため、聞いていて好感を抱く人が多いです。今回の勉強机や手作りマフラーのエピソードについても、ネットでは『貧乏でも、幸せと思えば幸せです。お金持ちでも、不幸と思えば不幸です。人生、過ぎたことは笑い話になれば、幸せです』『笑ってエピソードを話せるということは幸せに育ってきた証です』『家が貧しかったとしても、なんだか楽しそう!』とする反応も出ていました」(テレビ誌ライター)

 自身の苦労時代も前向きに解釈し、笑える話に仕立てることができるアンミカ。芸能界での人脈が広がり続けるのも納得のコミュニケーション術と言えるだろう。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 125211

    実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

    「偽善ヅラのマウント女に仕掛ける壮絶な復讐」、「ウソをバラまき新居を乗っ取ろうとする執拗な姑」、「親の借金、妹の賠償、金に翻弄される不幸女のドロ沼」……etcこんな文言に見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? … 続きを読む 実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング