実は流行の最先端?高橋英樹がイベントで着用した“ある柄”のセーターが話題

 俳優の高橋英樹と娘でフリーアナウンサーの高橋真麻が12月9日、「トイザらス サンタさんへの手紙出発記念イベント」に登場。イベント中にサンタクロース協会の公認サンタクロース・パラダイス山元氏から英樹が着ていたセーターをいじられるひと幕があった。

 本イベントは子供たちがサンタクロースに向けて書いた7万6880通もの手紙を全日空グループの貨物輸送事業「ANA Cargo」がグリーンランドにあるサンタクロース協会へ届けるためのセレモニー。真麻はグリーン地の花柄のワンピースで登場したが、英樹は首元からサンタクロースの胴体だけが描かれたグリーン地のセーターにえんじ色のジャケットとマフラーを合わせて登場。その独特な柄のセーターに対して山元サンタはさっそく「先ほどから気になっているのですが、英樹さんのセーター‥‥すごく今、流行りなんですよ」とイジりはじめ、さらに「このお言葉はキツイかも知れませんが、実は“ダサセーター”って言うんですよ」と紹介。山元サンタによるとクリスマスシーズンに流行るセーターだそうで「こんなにサンタクロース感あふれる“モロ”のセーターは、ちょっとどこで手に入れたか、あとで教えてください。私がほしいくらいです」と英樹にリクエストしていた。

 ネットでは《思いのほか似合うなwww》《着こなしてるw》《さすがだなあ。日本人でこれを着こなせるお爺さん少ないでしょ》などダサく見える格好にも関わらず好感の声が続出している。

「高橋が着ているのはいわゆる“アグリー・クリスマス・セーター”というもので、トナカイやサンタ、ツリーなど過剰にクリスマス感を出した派手な柄のセーターのことです。もともとの起源は“おばあちゃんからもらう手編みのダサいセーター”で、01年公開の映画『ブリジット・ジョーンズの日記』で登場人物が母親からもらったトナカイ柄のセーターを着ていたことからセレブを中心に“ダサかわいい”としてブームが起きました。現在では欧米を中心にクリスマスの定番アイテムとなりつつあり、アメリカで毎年12月12日は『アグリー・クリスマス・セーターの日』と定められたほどです」(芸能記者)

 実はこの時期の流行の最先端だった英樹のダサいセーター。日本でもいつか流行るかも?

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 125211

    実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

    「偽善ヅラのマウント女に仕掛ける壮絶な復讐」、「ウソをバラまき新居を乗っ取ろうとする執拗な姑」、「親の借金、妹の賠償、金に翻弄される不幸女のドロ沼」……etcこんな文言に見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? … 続きを読む 実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング