雛祭りは何して祝う?平成と令和で比べてみたら……

 3月3日の「雛祭り」といえば子どもと一緒に過ごす行事ですが、子ども専門の写真スタジオを展開しているスタジオアリスが2022年1月に『令和の節句の実態調査』を行ったところ、雛祭り・端午の節句のお祝いに関する実態が分かったそうです。

 その中で、最もお祝いをする人が多かったのは「桃の節句」で74.4%。「端午の節句」の69.2%を上回っていました。桃の節句はどのようにお祝いするかと尋ねたところ、1位が「雛人形などの家飾りを飾る」が81.3%、「自宅でご馳走を食べる」が63.4%、「記念写真を撮る」が40.7%という結果でした。平成の時代と比べると「自宅でご馳走を食べる」はやや減少したものの、「記念写真を撮る」は平成が30.2%だったのと比べ、令和は10%近くも多くなっていました。

 実際、雛祭りはどのように祝われているのでしょうか。ネット上では「ちらし寿司」「蛤のお吸い物」「いなり寿司」などが雛祭りの定番メニューとして挙げられていました。一方で、これらの定番ではなく、「子どもがフライドポテト大好きだから」という理由で、お祝いメニューをチョイスしている家庭もあるようです。

 また、デザートはケーキという家庭も多いようです。よく考えてみれば、雛祭りは日本の行事なのにスイーツは洋風というのは不思議ですよね。菱餅や雛あられは、現代の子どもの好みではないのかもしれませんね。

 あなたのご家庭では、どのように雛祭りを祝いますか?

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング