今すぐコメントして!板野友美の“叫び”にネットからは失笑「終わったな」

 元AKB48でタレント・板野友美が4月17日までに自身のSNSアカウントを更新。最近は減少気味だったコメントの書き込みをファンに求めた。

 ツイッターには208万人、インスタグラムには117万人ものフォロワーを抱える板野だが、16日にはツイッターに「インスタのコメントが最近少なくて寂しいので、皆さんコメントしにいってください!」と綴ると、「tomo.i_0703だよ」とインスタグラムのユーザーネームまで添える用意周到ぶり。

 板野のインスタグラムでは、多い時には100~150ほどのコメントが集まるも、最近は50以下に留まる投稿も散見。そうした傾向に“寂しさ”を覚えたと訴える板野の発信に対し、フォロワーからは「友、すまん。いいねはいつも押してるんだが、陳腐な言葉しか思い浮かばなくて、つい躊躇してしまってた。これからはコメントするから堪忍な」「ごめんね。最近コメントできてないけど、さっきコメントしたよ」「コメントしましたよー!」との声が集まると、実際にインスタグラムには多くの書き込みが確認された。

 4月17日には、高級ファッションブランド「セリーヌ」のカチューシャをつける写真を投稿すると、「ともちん、可愛いー」「似合ってますよ」などのコメントが110件寄せられ、直後の投稿にも177件の書き込みが殺到。ファンからのレスポンスが増加し、コメント呼びかけの効果が早くもあらわれた格好となっている。

「一部の芸能人は、ファンからの反応を大切にし、可能な範囲内でコメントを直接本人が返信するケースも見られますが、板野の場合は返信はほぼナシというのが現状です。よって、今回の板野の呼びかけには、『出来る範囲でいいので、(ファンのコメントに)いいねをしてもらえると、きちんと読んでもらってるなと、ファンの一人としては嬉しいです』『そしたら返事してくれる?』『返事してくれないのに求めるのは』との指摘も見られた上、ネットには『コメントを求めるようになると、終わったなと思う』『コメントなんておねだりして書いてもらうものじゃないでしょう』『コメントってさ、したいからするんじゃないの?』『人気と比例してるんだから、しょうがないことよね』『コメントを要求する芸能人を初めて見ました』など、呆れる反応もチラホラ。やはり、求めるだけではなく、板野自身も可能な限り、ファンからのコメントに返信やいいねをつけることを心がける必要があるでしょう」(テレビ誌ライター)

 アイドルからは卒業し、夫を支える妻となり、母となった板野だが、いつまでもファンからの熱烈な支援の存在は大きな糧であり続けているようだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング