加藤浩次が「スッキリ」で岩田絵里奈アナに突発激怒、朝からのキレ芸に視聴者が不快感

 お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が10月18日、MCを務める朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。久々に“狂犬”ぶりを見せつけた。

 この日の放送では言葉を言い換えて、相手からの印象をよくする方法を紹介。例題として「なんでも聞いてね」というフレーズを言い換えることになり、寸劇が披露された。

 この寸劇は日本テレビの森圭介アナが先輩役で「何でも聞いて」と声を掛け、それを後輩役の岩田絵里奈アナが「なんでも聞いてって急に言われても」と表情を曇らせる、というもの。ところが、これを見ていた加藤は「なんだこりゃあ! 『何でも聞いて』って言って何が悪いんだ!」と突然激怒。さらに「気を使って言ってるのに。自分のとらえ方だろう、全て。人のせいにするんじゃないよ!」と岩田アナに説教しはじめた。岩田アナは笑いながらも戸惑うばかりで「こういう展開?」と驚きを隠せない様子だった。

 専門家によれば、「『なんでも』という表現が曖昧すぎて、トラブルになりやすいため、内容を限定して伝えるほうがいい」ということだったが、それを聞いても加藤は納得がいかない様子で「おかしくないですか?」「そんな言葉尻取って生きてるんですか、人間って」と今度は専門家にも噛みつく始末だった。

「レギュラーを務めていたバラエティ『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)が18年に終了して以降、加藤の“キレ芸”はめっきり見られる機会がなくなりましたが、今年5月にはU-NEXTで独占配信されたフェイクドキュメンタリー『コージカトーのあくなき追及!』で、世の中の不条理を自ら取材し徹底追及するジャーナリスト“コージカトー”を名乗って、久々に“狂犬”ぶりを発揮していました。今回は“コージカトー”に味をしめたのか、往年の“キレ芸”が朝の番組でもイケると思ったのかもしれません」(芸能記者)

 ネット上では、《えぇっ! 本番中この激怒はないだろうと思いました》《加藤さんのあの異常な怒り方は何なんでしょうか》《朝から見ていてとても不愉快でした》といった声が上がり、不快感を抱いた人も少なくなかったようだ。

“キレ芸”も上手に伝えないと理解されなくなっているのかも?

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング