有村架純、Snow Man目黒蓮にクレーム!共演で苦しんだ“25センチ差の弊害”とは

 女優・有村架純が12月10日放送の「王様のブランチ」(TBS系)にVTR出演し、映画「月の満ち欠け」で共演したSnow Man・目黒蓮との身長差を嘆いた。

 同作は、第157回直木賞を受賞した佐藤正午によるベストセラー小説を原作にしたラブストーリー。有村は、目黒演じる三角哲彦の相手役・正木瑠璃を演じたが、撮影中に悩まされた場面として、2人が手をつないで全力疾走するシーンを挙げた。

 というのも、有村の身長160センチに対し、目黒は185センチを誇る長身。「まず脚の長さが違うじゃないですか。身長と歩幅がね」と笑うと、「私だけ目黒くんの2倍、脚の回転が速い」と隣で並走するのは至難の業だったようだ。

 これに対し、目黒は「瑠璃さんを連れて行くという気持ちだけで走ってました。僕、全力で走ってました」と説明。主演の大泉洋は「なんで(身長差に)気付かないの?」と突っ込みを入れつつ、「気持ちが一生懸命だったからね。そこは許してあげて」と真面目な目黒の人間性が故の出来事だと擁護していた。

 Snow Manの中でもラウール(190センチ)に次ぐ長身の目黒は、50メートル走のタイムが7秒08と快速でも知られる。手をつないでいたとはいえ、有村からすると、25センチの身長差に加えて、スピード面でも“全力疾走シーン”は非常に困難な場面だったに違いない。

「当該シーンを劇場で観た人にとっても印象的なものだったようで、『確かに2人で走ってるシーン、目黒くんは全力で走って有村さんを引っ張ってましたね』『“映画どうだった?”って感想聞かれて、有村架純ちゃんが全速力で走る撮影は絶対大変だったと思う、とまず始めに話したくらい印象に残った』との感想が上がっていました。また、目黒によると、問題の走行シーンは撮り直しがあり、別の日にも撮影が行われたものの、毎回フルパワーで走っていたと告白。有村にとっては相当ハードな運動になったでしょう」(テレビ誌ライター)

 役にもダッシュにも全力な目黒。これから劇場で鑑賞する際は、有村との当該シーンは要注目と言えそうだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング