思い出の「紅白歌合戦」、都はるみの名前を間違えたアナウンサーはその後…

 人気のタレントや女優が、大みそか恒例の「紅白歌合戦」(NHK)の白組、紅組の司会を任せられ、失敗する光景は微笑ましくもある。しかし、プロであり、同局の看板アナウンサーが間違えるとなると話は別だ。

 最も有名な“言い間違い”は、1984年の「ミソラ事件」だろう。

 同年、「普通のおばさんになりたい」との理由からこの年の紅白出場を最後に、引退を表明していた都はるみ。大トリを務めた都は「夫婦坂」を熱唱した。会場からは割れんばかりの拍手とともに「アンコール」の大合唱となった。

 この状況に白組司会者だった同局の鈴木健二アナは「1分間時間をください。私が説得してみます」とアナウンスし、紅白史上初のアンコールが披露された。曲は都にとって代名詞のような大ヒット曲「好きになった人」。会場は大きな感動に包まれた。

 その直後だった。総合司会の生方恵一アナが「もっともっとたくさんの拍手を“ミソ‥‥”」と発言。「美空ひばり」と言い間違えてしまったのだ。

 この失態を生方アナは年明けに謝罪したが、その後、大阪支局に異動となったという。

 局アナによる言い間違いは18年にもあった。この年、2年連続38度目の優勝をした白組へ優勝旗授与の瞬間だった。野村萬斎が登壇すると、総合司会の桑子真帆アナは「ゲスト審査員を代表して、野村萬斎さんから紅組に優勝旗が渡されます」とアナウンス。最後の最後で、コントのようにズッコケそうな間違いだった。

 いずれも、よかれあしかれ、記憶に残る紅白となったことは間違いないだろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング