田原俊彦、「抱きしめてTONIGHT」大ヒットでも「紅白」を固辞した譲れないプライド

「紅白歌合戦、7年連続出場。8年目になぜか落とされて。次の年、出てくれとかいい加減なこと言いやがって、出るワケないだろう!」

 1月20日、歌手でタレントの田原俊彦が、YouTubeチャンネル〈田原トシちゃんねる!〉を更新。自身のWikipediaを確認、情報が正しいかどうかを検証する内容で、「NHK紅白歌合戦」に関する記述で田原の口から出たのが冒頭のコメントだった。

「80年、田原はシングル『哀愁でいと』で歌手デビュー。オリコンチャート2位のヒットを受け、同曲にてこの年の紅白に初出場しました。翌81年には江崎グリコのCMソングに起用された『悲しみ2(TOO)ヤング』、82年は自身4度目となるオリコン1位を獲得した『誘惑スレスレ』と紡ぎ、86年まで7年連続出場しましたが、87年はオリコン3位の『どうする?』、同4位の『さよならからはじめよう』といったヒット曲がありながらも、なぜか紅白落選したのです」(芸能ライター)

 しかし、これでおとなしく終わるようでは田原ではない。88年は自身が主演を務め、最高視聴率20.5%を記録したドラマ「教師びんびん物語」(フジテレビ系)の主題歌「抱きしめてTONIGHT」の大ヒットを受け、紅白サイドからオファーを受けたが、固辞している。当時は何としてでも紅白に出場したい歌手が多かった時代。田原が異端児に映ったのは間違いないだろう。

 冒頭のコメントには続きがある。

「卒業だね。それ以来はもう‥‥出たいな。いや、出ないよ。オレは1回決めたことは曲げないから。大晦日は初詣に行かなきゃいけないから。ハハハハハ!」

 あっけらかんとした笑い飛ばした田原だが、35年以上の歳月をかけて復活となれば、世間の注目を浴びること間違いないだろう。

(所ひで/YouTubeライター)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング