2016/09/25 17:58

「君の名は。」大ヒットの裏で危惧される“作品のドメスティック化”

20160925kiminonaha

 興収100億円も間近という驚異的なヒットを飛ばしている映画「君の名は。」。舞台となった岐阜県では、古い駅や町の小さな図書館、人知れぬ神社の鳥居に集うファンの姿に地元民が目を丸くし、同じく舞台となった都内の歩道橋も、新海誠監督自身が「生活圏なのに、もうここは通えないから他の道を使っている」と嘆くほど、カメラを持った大勢の人々であふれ返っている。

 政府が言うところの「クールジャパン・コンテンツ」によって地方創生が多少でも実現し、閑散とした町に活気が戻るのは喜ばしいことだろう。しかし裏では、「国内では作品が作りにくい」という意見も聞かれ、中国や韓国でアニメスタジオが急増し、日本人作家やスタッフが海外に出てしまうことが危惧されているという。そして、もう1つ問題となっているのが“作品のドメスティック化”だ。

「漫画原作はまだしも、オリジナルアニメは国内を舞台にした日本人だけが登場する作品が主流で、どんどん“ドメスティック化”が進んでいるのです。顕著になったのは、大友克洋監督の『スチームボーイ』(04年公開)が大方の予想を裏切り大コケした頃から。海外を舞台にすると、国内では人気が出ないのです。海外に憧れを抱く時代が終わり、文化的な部分を含めて過去、そして現在の日本に観客の志向が流れていることも要因のひとつです。一方、ドメスティックな作品は海外では理解されにくい。作品で描かれる日本に興味を持った海外の観光客が増えているのも事実ですが、このままではグローバルな視点を持った作品が生まれにくくなるでしょう」(映画評論家)

「千と千尋の神隠し」(01年公開)は純日本的な内容の作品だが、ベルリン国際映画祭の金熊賞とアカデミー長編アニメ映画賞を受賞し、国際的な評価が高い。宮崎駿監督のような人物が現れるなら、ドメスティックな方向性でも、もっと広がりを持つことになるかもしれないのだが。

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 87552

    プロが語る食のトレンド予測。2020年は近年話題の“出汁グルメ”がくる!?

    提供:ホットペッパーグルメタピオカミルクティーを筆頭に、バスクチーズケーキ、チョコミント、スパイス料理、熟成魚などが食のトレンドとなった2019年。さて、2020年はどんなトレンドがくるでしょうか。春の旬の食材が出回るこ … 続きを読む プロが語る食のトレンド予測。2020年は近年話題の“出汁グルメ”がくる!?

  3. 87589

    「飲みたい有名人ランキング2020」発表! 一緒に“オトナ飲み”したい男性は?

    提供:ホットペッパーグルメタレントのマツコ・デラックスが“6年連続”で1位に──実はこれ、株式会社リクルートライフスタイルが企画・編集するクーポンマガジン『HOTPEPPER』が実施した、「飲みたい有名人ランキング202 … 続きを読む 「飲みたい有名人ランキング2020」発表! 一緒に“オトナ飲み”したい男性は?

注目キーワード

ランキング