子どもの歯の“仕上げ磨き”に専用の歯ブラシを使ったほうがいい3つの理由

 子どもの歯の“仕上げ磨き”に、専用の歯ブラシを使っていますか? 筆者は娘が乳児期の頃、仕上げ用の歯ブラシを見せると娘がそれを使いたがるので、子ども用の歯ブラシを使うようにしていたのですが、使ってみるとやはり専用の歯ブラシのほうがずっと使いやすいと実感しました。2種類も用意するのは面倒ですし、子どもが遊ばないようにするのは大変ですが、仕上げ用の歯ブラシには次のように子どもの歯を守る工夫がたくさん詰まっているのです。

■持ち手が長く、口の奥まで届きやすい

 持ち手の短い子ども用の歯ブラシでは、工夫して持たないと口の奥までブラシを届けにくく、そして単純に小さくて持ちにくいため、大人にとっては磨きにくいものです。子ども用と仕上げ磨き用の歯ブラシを使い分けてみると、後者のほうが歯ブラシの持ちやすさ、ブラッシングのしやすさが分かります。

■持ち手が曲がらないのでしっかり歯をブラッシングできる

 乳幼児用の歯ブラシは安全のため持ち手がやわらかく、もしものときに刺さらないよう湾曲するようになっているものが多いです。安全性は高いのですが持ち手がやわらかい分、ブラッシングの力が伝わりにくく、磨き残しが発生しやすくなります。磨き残しをフォローするのが仕上げ磨きですから、歯茎を傷付けず軽い力でしっかりブラッシングできる設計のものを使用するのが効率的です。

■磨きやすい設計になっている

 仕上げ磨き用の歯ブラシも種類がたくさんあり、ネック部分に傾斜がついているなど、子どもの歯を磨きやすくするための工夫が施されています。磨きにくい部分や口の大きさに合わせて磨きやすいものを選ぶようにすると、さらに子どもの歯を守りやすくなります。

 子どもの磨き残しを「なかなか取り除けない……」と感じたら、歯ブラシを見直すのもひとつの方法です。どれを選んだらよいか迷ったら歯科検診時に相談するなど、その子に合ったものを使用しましょう。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング