勝地涼、1話で伝説となった「クセ強」キャラの“生みの親”も「個性派」だった!

 俳優・勝地涼が4月14日、「あさイチ」(NHK)に生出演。彼を一夜にして有名にした伝説のキャラクター「前髪クネ男」について語った。

「前髪クネ男」とは、現在NHKBSプレミアムで再放送されている、13年のNHK朝ドラ「あまちゃん」に登場したキャラクター。登場したのは第128回のわずか1話だけだったにもかかわらず、強烈なインパクトを残し、「あまちゃん」ファンの間ではもはや伝説となっているキャラクターだ。

 この日の番組では視聴者からのメッセージで、「前髪クネ男」についての質問が特に多かったことが紹介された。勝地は当時、NHK大河ドラマ「八重の桜」への出演と時期が重なっていたことや月9ドラマにも出演していたことを明かしつつ、「『あまちゃん』は1話しか出ていなかったんですけど、月9も出て大河にも出て、これ(前髪クネ男)しか言われなくなったんで、『え』っていう…、自分的には『ウソだろ』って…。積み重ねはどこ行ったみたいな」と、「前髪クネ男」にこれまでのキャリアが霞んでしまうほどの反響があったことを告白。具体的には「朝起きた時に、事務所の人から連絡が来て、事務所のサーバー、ホームページのサーバーがパンクしたとか。街中歩いたら、子供達から『あ、前髪クネ男だ!』とか」と明かし、「起きたら夢のような、突然世界が変わったというか」と振り返っていた。

 ネット上でも「確かに、後に『前髪クネ男は1話しか出ていない』と知ったとき驚きました。レギュラーだと思っていました」「『あまちゃん』は大好きでリアルタイムで見てたけど、登場した時のインパクトは確かにデカかった」など、改めて納得するファンの声が続出している。

「視聴者に強烈なインパクトを残した『前髪クネ男』ですが、腰を振る特徴的な動きやしゃべり方などは、『あまちゃん』でプロデューサー役として出演していた個性派俳優・古田新太によるものだったといいます。古田が監督を通じて、『もっと腰を振れ』などと“演技指導”したことで、あの強烈なキャラが生まれたそうです」(芸能記者)

 役に留まらず、後輩の勝地を“プロデュース”し、見事知名度を急上昇させた古田。現実でも“名プロデューサー”だったわけだ。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング