国分太一が「SMAP解散」に踏み込んだ発言をしてしまうある理由とは?

20161004kokubun

 光GENJIのバックダンサーとして華々しく芸能界デビューしたSMAP。だがその前は、ジャニーズJr.の一員「スケートボイーズ」として活動していた時期がある。

 スケートボイーズは当初、後にほかのグループでデビューする予定だったメンバーを、ジャニー喜多川社長が直接声をかけて呼び集めたという。

「そのなかでも有名なのはV6の長野博です。『YOU、スケボーできる?』といきなり電話がかかってきたけど、長野は興味がなかったので『できない』と無愛想に返答したそうです」(アイドル誌の編集者)

 その数分後に再びジャニーさんから連絡があったが、長野は「だからできないって!」と手荒く断ったとか。

 スケートボイーズには、当時Jr.に所属していた反町隆史や、後にTOKIOのメンバーとなる国分太一も「サポートメンバー」の肩書きで在籍していた。

 しかも驚くことに、国分はSMAPの初期メンバーでもある。1988年にスタートしたSMAPの初レギュラー番組「いつみ・加トちゃんのWAーッと集まれ!!」(フジテレビ系)では、修学旅行中の稲垣吾郎の代替として出演しているのだ。

「この頃は国分と現V6・坂本昌行くんもまた、SMAPの正規メンバーの候補に挙がっていたんです」(前出・アイドル誌編集者)

 結局、ジャニー社長の審美眼にかなったのは木村拓哉、中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、森且行(脱退)の6人だったが‥‥。現在の国分が「白熱ライブ ビビット」(TBS系)のなかで「SMAP解散騒動」について踏み込んだ発言をするのも、「もしかしたら自分もココにいたかも」という思いがあるからなのではなかろうか。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング