松本人志が「すごいエラそう」にキャリア回顧で「あの後輩芸人が食いつきそう」指摘!

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が自身の40年以上に及ぶ芸能生活について振り返り、共演者の中居正広からは「すごいエラそう」と突っ込まれている。

 2人がMCを務めるトーク番組「まつもtoなかい」(フジテレビ系)が10月22日に放送され、冒頭にはゲストとして女優・水川あさみが登場。関西出身ということもあり、松本を“神様的存在”であると表現すると、過去に松本が口にしていたという「自分が成功するまでの道のりはビジョンとして見えていた」との言葉を引用し、「この先はどうですか?」と尋ねた。

 これに松本は「普通、芸能界って上り詰めていく感じがあると思うんですけど、僕は感覚的には、(新人の頃から)自分が売れるのはもう分かってて、『オレは上にいるぞ』『頂上にいるぞ』っていうのをみなさんに教える作業の40年間やったような気がする」「“松本の本”の最後を見ちゃった感じがあったんで。予知なのかな。まぁでも、そう自分に思い込ませてやってた部分もあるしね」などと豪語した。

 すると、中居はこの言葉に感心するリアクションを浮かべつつも「すごいエラそうな話だね」とツッコんだ。松本も苦笑いを浮かべ、今後の展望については「今は本当に見えない」「模索中といいますか、ウロウロしてますね」と話している。

「将来的に自分がトップに君臨することは“想定済み”で、40年かけて、その座に相応しいことを証明する日々だったという松本の言葉には、ネットユーザーの間で『カッコいい振り返り方』だとする声から、『どこかの中田が食いついてきそうな発言だ…』と懸念する人まで、賛否が分かれています。松本といえば、今年5月に元吉本興業の後輩コンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦から、お笑い界における影響力が強すぎるとして『(M-1などの)審査員やめてくれませんか?』とYouTubeで提言されたことが記憶に新しい。中田は、松本のズバ抜けたカリスマ性が若手芸人を萎縮させ、笑いの価値観の押し付けにもつながっている現状を問題視していましたが、今回の“エラそう”な発言で、再びスイッチが入ってしまうことを予測する人もいるようですね」(テレビ誌ライター)

 60歳となった現在は“先の展開が見えず”に、「ウロウロしている」という松本を中田が再びヤリ玉にあげる日も近い?

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング