花粉症対策!根本的に体質改善するための「漢方薬の選び方」

 いよいよ花粉のシーズン到来ですね。2024年の花粉の飛散開始は、暖冬の影響で例年より早い傾向にあるといわれています。すでに、花粉症の症状が出ている人もいるのではないでしょうか。

 慶應義塾大学病院漢方医学センター医局長の堀場裕子さんによると、花粉症対策のひとつに、漢方薬を使う方法があるのだとか。漢方薬は体質的な部分から根本的に改善して症状を緩和するものであるため、花粉が飛散している時期に限らず、まだ飛散が本格化していない時期でも継続して服用することで、体質を改善して身体を整えることができるとされているそうです。

 でも、なかなか自分で市販の漢方薬を選ぶのは難しいですよね。そこで、堀場さんのアドバイスがヒントになります。どんなものがよいのか、詳しくみていきましょう。

■「抑肝散(よくかんさん)」

 花粉症の症状によるイライラ、不眠には、神経の昂りを鎮める漢方薬「抑肝散」が効果的とか。

■「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」

 身体の不調を整え、体質改善に効果のある当帰芍薬散は、冷えやむくみの改善効果が期待できるそうです。

■「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」

 水っぽい鼻水やくしゃみが止まらない人は、小青竜湯を試すといいそう。

■「越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)」

 花粉による目・鼻のかゆみには、越婢加朮湯がいいそうです。皮膚や粘膜の炎症を抑えて、かゆみを緩和する効果があるとのこと。

 いかがでしたか? 花粉の飛散量が少ないうちに体調を万全に整え、花粉症を乗り越えていきましょう。

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング