初日に観客1人!? 野村周平「サクラダリセット」が大爆死で後篇は公開中止?

20170331_asajo_nomura-2

 ちょっと救い難い爆死状態になっている。

 若手イケメン役者の1人として人気の野村周平が、見聞きした記憶を全て保持する能力を持つ主人公を演じた、青春ミステリーライトノベル原作の映画「サクラダリセット(前篇)」が3月25日に公開された。ところが、ネットレビューで「観客は私1人でした」「平日なので観客は2人でしたが‥‥」と書き込まれるなど、目も当てられない大コケだという。

「全国192スクリーンですから300を超えるような大規模公開でないにせよ、原作はベストセラー、人気の若手イケメンが主演でそこそこの興業は期待されていました。しかし、公開直後からスーパー閑古鳥。初週の週末でギリギリ20位以内に入る程度で5000万円にも届かず、映画ファンの集まるサイトでも“最大目標は1億円”とかなり小バカネタにされています。宣伝をそこまで大々的にしなかったこと、SFミステリー要素の強い作品ながら、まるでスイーツ映画のようなチラシなどで原作ファンを取り込めなかったという分析もありますが、一部のメディアは主演の野村の人気や集客力に疑問符を付けていますね」(映画ライター)

 野村といえば最近の若手イケメングループの1人にカウントされるが、女性にアンチの多い水原希子との熱愛報道や、バラエティで「(過去にもらいすぎたので)バレンタインはチョコをもらいたくない」と発言し総スカン、「(先輩の役者が)酒の席で演技論を語るのが大嫌い」と言い放ち、大先輩の佐藤浩市の名前を挙げて周囲を困惑させるなど、お茶の間の好感度はダダ下がり。当然のように、ファン離れが加速しているという。

「女性の集まるサイトでも“イケメン枠から外してほしい”という声が飛び交っていますね。そんなことより問題なのは、この『サクラダリセット』は後篇が5月13日に公開されること。前篇すら“観客1人”なのに、後篇はタダ券でも配布しないと“観客ゼロ人”になりかねないと映画ネット民が嘲笑するほどです」(前出・映画ライター)

 興収に厳しい海外なら、急遽公開中止でも不思議ではない大コケぶり。リセットしたいのは、映画そのものかもしれない。

(藤田まさし)

関連記事:水原希子と野村周平が同時に大炎上!“嫌われカップル”の誕生? http://asajo.jp/excerpt/24410

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング