無理あり過ぎ!紗栄子のウェイトレス姿が“大阪のオバチャン”に見える!

20170424_asajo_saeko

 寄る年波には抗えないのか。30歳になった紗栄子のウェイトレス姿が「あまりにオバサンっぽい」と不評だ。紗栄子は4月15日に開催されたファッション誌のイベントにゲストとして登場。テーマの「50s」に合わせて、50年代のアメリカンダイナーにいそうなウェイトレス姿を披露してみせた。その衣装について芸能ライターがささやく。

「ピンクの縦縞ブラウスと丈の短いスカート、白いエプロンというコーデは50sテイスト満載。スタイルの良さもあって、まるでアメリカンイラストから飛び出してきたかのようです。しかし残念なのは首から上。50s風を気取ったふわふわパーマがどうにも田舎のオバサンっぽく、頭に付けたホワイトブリムが若作りに見えてしまう始末。しかもアメリカンガールを意識した派手なメイクも“大阪のおばちゃん”風に見える有様でした」

 そんな紗栄子にはかねてより「劣化」の悪評が耐えない。その点について女性誌のライターは、今回のウェイトレス姿はむしろ素の紗栄子をあぶりだしたと指摘する。

「1986年生まれの石原さとみや田中みな実らは三十路を迎えて加齢感は否めないものの、紗栄子と同い年と聞いたらたいていの人は驚くはず。視点を変えれば、紗栄子のほうが最初から老け顔だったと言えるわけです。その老け顔が幸いにも彼女の好むセレブ感には上手くマッチしていたので、モデルとして成功できたんでしょうね。ただ若さを強調するウェイトレス姿は真逆の方向になりますから似合わないのも当然です」

 本人はウェイトレス姿にノリノリだったかもしれないが、見た目相応のファッションを続けたほうが“紗栄子らしさ”を維持できるのは間違いなさそうだ。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング