2017/04/29 10:14

フィギュア「国別対抗戦」は団体優勝でも平昌では“ギリギリ3位”になる理由

20170429_asajo_figure

 ソチ五輪の団体戦では5位に甘んじた日本のフィギュアスケートが、「国別対抗戦2017」で堂々の優勝を飾った。早くも平昌五輪での団体戦金メダルを予想したくなるのだが、五輪の団体戦でのメダルは思いのほか壁が厚く、高い。

「国別対抗戦と五輪の団体戦はルールが違います。国別対抗戦では、出場するのが男女シングル各2名、アイスダンス、ペアが各1組と全体の3分の2をシングルの成績が占めるんです。つまり、アイスダンスやペアがいくら強くても、シングルが弱いと点が伸びません。一方、五輪の団体戦のルールは、男女シングルでそれぞれSP1名とFS1名。男女とも通常の試合の1名分で得点を競いますから、シングルの得点は全体の半分しか占めません」(スポーツライター)

 仮に、国別対抗戦のシングル出場選手から男女それぞれ1名の成績を抜き出して五輪のルールに当てはめてみよう。SP、FSのよいほうの得点を組み合わせて計算してみると、順位はガラリと変わる。男子は宇野昌磨選手のSPと羽生結弦選手のFSの順位点を合算。女子はSP、FSとも三原舞依選手の順位点で計算すると、日本はかろうじて3位だ。金メダルとはいかなくとも、表彰台は狙えそうだが……。

「ソチ五輪での表彰台にはロシア、カナダ、アメリカが入りましたが、このほかにイタリアやドイツなども日本のライバルです。ソチ五輪よりも悪い成績になる可能性もありますよ」(前出・スポーツライター)

 平昌五輪では、個人種目はもちろん、ぜひとも団体戦でもメダル獲得を目指してほしい。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング