小池栄子が殺人犯!?「母になる」が伏線広げ過ぎで早くも末期症状か

20170515_asajo_koike

 沢尻エリカ主演のドラマ「母になる」(日本テレビ系)に、伏線を広げ過ぎとの批判が集まっている。第2話までは2ケタ台の視聴率を維持していたものの、第4話では7.9%へと急落。5月10日放送の第5話では8.3%へと微増したものの、そのラストが衝撃過ぎたというのだ。テレビ誌のライターが指摘する。

「本作は沢尻演じるヒロインの長男が誘拐され、それを助けた小池栄子が息子として育てていたという相関関係が軸。第5話ではその小池が殺人犯だったというシーンで終わり、『どこまで話を広げるんだよ』と呆れる視聴者が多かったようです。元から予定されていたストーリーなのか、それとも視聴率テコ入れの策なのか。いずれにしても唐突感は否めませんね」

 次回予告では息子を助けるための殺人だったと思われる様子を放送。これには「伏線の回収が早すぎる」との指摘も出る始末だ。このドタバタぶりは連続ドラマとしては末期的な症状とさえ言えそうだが、一体どうしたことか。テレビ誌のライターが続ける。

「日本テレビの水曜22時枠は人気作ぞろいで、一ケタ視聴率が3話も続くのは昨年1月期の『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』以来、実に5クールぶり。『母になる』は演出家や脚本家も実力派ぞろいのため、まさかの低視聴率にあたふたしているのかもしれません。この調子で制作側が右往左往するようでは、沢尻や小池の達者な演技を無駄遣いする恐れさえあります」

 本作についてはストーリーの暗さを指摘する声も多く、ベストセラー小説を原作としながら平均視聴率6.8%に終わった「わたしを離さないで」(TBS系)の前轍を危惧する向きもある。ともあれ沢尻や小池にとっては、せめて演技だけは評価してほしいとの思いがあっても不思議はない。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング