人生であと何回食べられるのかしら?吉本ばななが絶賛する最強カツカレー

20170521_asajo_yoshimoto

「キッチン」(福武書店)などで知られる作家の吉本ばなな。小説もさることながら、「食」にまつわるエッセイも人気で、食への関心の高さが伺える。そんな吉本が心酔するカツカレーがあることをご存じだろうか。

「自由が丘の贈り物 私のお店 私の街」(ミシマ社)は、著名人らが書いた自由が丘に関するエッセイをまとめた1冊。その中で、吉本はとあるお店のカツカレーをこう評している。

「この人生であと何回あのカツカレーが食べられるのかしら? と思うと切なくなるし、あんなすてきなものがあるなんて、この世は捨てたものじゃない、まだまだ生きていこう! と私は単純に思うのです。」(同書より抜粋)

 吉本にこうまで言わしめるカツカレーを提供するのは、東京・奥沢にある「とんかつミカド」。東急東横線「田園調布」駅から徒歩約7分の場所にある。昭和のかおりがするとんかつ屋で、とんかつのほかにも、コロッケや自家製のマヨネーズなどが自慢だ。

 店内には有名人のサイン色紙がずらりと並び、その中には「カツカレー最強」と書かれた吉本のものもある。ここを訪れたことがあるグルメ誌記者が語る。

「これまで印象に残った有名人を聞いたところ、還暦を過ぎたかと思われる店主は真っ先に吉本の名前をあげ、嬉しそうに彼女が書いた色紙を見せてくれました。エッセイの中で、吉本は『この人生であと何回あのカツカレーが食べられるのかしら?』と書いていましたが、店主は『この人生であと何回、吉本さんが来てくださるのか? できるだけ多くカツカレーを提供したいですね』とおっしゃっていたのが印象的ですね」

 カツカレーでつながれた、吉本と店主の縁も“最強”だ。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング