矢口真里「再婚報道」完全否定の裏に“報告はブログで”の皮算用?

20170530_asajo_yaguchi

 2011年5月に俳優の中村昌也と結婚し、その約2年後の13年5月に離婚したタレントの矢口真里。その原因は周知のとおり、夫婦の寝室で他の男性とベッドを共にしていた最中に夫が帰宅し、不貞が発覚したためだった。

 その不貞相手、元モデルの梅田賢三氏とは現在も交際を続行しており、5月中旬に矢口の妹がハワイで挙式した時も、梅田氏は列席している。そんなこともあってか「週刊女性」(6月13日号)は“ついに再婚決意”と報じた。

“雨降って地固まる”的ハッピーエンドかと思いきや、この報道に矢口は猛反論。「どうして真実じゃないことが記事になるんでしょう。とにかくまだ何も決まっておりません。皆さん信じないでください」と、全否定した。

 梅田氏との交際は順調と報じられていたのに、なぜ矢口はここまで強硬に異を唱えるのか? 芸能ジャーナリストに聞いた。

「矢口のような泥沼不貞の場合、いちばんいい結末は“結婚”です。結婚すれば、自宅不貞にキバを剥いた主婦層も“あー、そこまで好きだったんだ”と、ある程度納得してくれる。それなのに、否定するには訳がある」と言う。

 その理由は「自身のブログで発表したかったからではないか」という。

「結婚するなら、芸能界で矢口を応援してくれている人たちにまず報告し、そして自身のブログ読者に伝える。このプロセスを踏みたかったんだと思います。ブログで発表すれば、それだけでアクセス数が増える。と同時に、広告収入も増えます。もしそれを非難されても“自分の口から直接報告したかった”と言えば通りますからね」

 確かに、取材に応じた矢口は、結婚そのものを否定してはいない。さて、本人の口から再婚が語られるタイミングはいつか?

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング