北川景子を差し置いて“なりたい顔”ナンバーワンのモデルって誰なのか?

20151021kitagawa

 最近、“女子がなりたい顔ナンバーワン”の肩書を持つモデルがメディアに登場する機会が増えている。その一人、野崎萌香がPVに出演したことで記事になったと思えば、森絵梨佳はフォトブックを出したとして話題に。でも失礼ながら、二人ともよく存じ上げないのだが‥‥。女性誌のライターが教えてくれた。

「この場合の“なりたい顔”は、彼女たちのメイクをお手本にしたいという意味だと思っていいでしょう。メイクにはその年ごとのトレンドがあり、いま流行しているメイクが映える顔があります。野崎さんと森さんは顔の形をはじめ、目の離れ具合など各パーツの位置関係が似ています。昭和顔で威圧感が少なく、ほんわかタイプなのも一緒。つまり2人とも同じようなメイクが似合い、そのメイクが“女子がしたいメイク”になっているというわけです」

 ちなみにORICON STYLEの「女性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」では、1位 北川景子、2位 綾瀬はるか、3位 石原さとみという順当なランキングだ。ホットペッパービューティーによる「なりたい有名人」でも、1位 北川景子、2位 石原さとみ、3位 佐々木希とほぼ同じ結果。高須クリニック調べの「美容整形でなりたい芸能人・有名人顔ランキング」では1位 島崎遥香、2位 北川景子、3位 佐々木希と、いずれも誰もが知る著名タレントばかりとなっている。

「アンケートだと北川景子さんや佐々木希さんなど、わりとキツ目の美人が選ばれがちですが、そこには“自分には絶対になれない顔”という憧れも含まれているのでしょう。一方で女性誌モデルはメイク術を公開するなど、自分たちに近い存在と捉えられており、努力すれば近づける程度の美人が好まれるのかもしれません」(前出・女性誌ライター)

 その野崎や森のメイクは、しっかり下地を作って艶感を出しつつも、厚化粧っぽさを抑えるのがコツのようだ。つけまつげやノーズシャドーを避けるなど。立体感を強調しすぎないのも特徴。ひと昔前のayuメイクとは真逆の方向性かもしれない。ともあれ野崎や森の顔をインプットしておけば、今どき女子を理解する手掛かりになりそうだ。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング