松居一代がツイッターを開設も、フォロワーは野次馬ばかりで逆効果!

 YouTubeにて告発動画を公開するなど、一躍渦中の人となったタレントの松居一代が、今度はツイッターのアカウントを開設した。松居は7月5日の11時2分に最初のツイートを投稿し、開設5時間あまりでフォロワー数は早くも1万人を突破。注目の高さを表している。

 その松居にネット民からは「YouTubeにツイッターと、ネットを使いこなしていて怖い」との警戒心も寄せられている。この調子ではいずれ、インスタグラムなど他のSNSも始めそうな勢いだが、肝心のフォロワーが松居のファンではなく、野次馬ばかりだという。IT系ライターが指摘する。

「騒動の渦中にある芸能人がツイッターを開設する例では、清水富美加から改名した千眼美子や、のん名義で活動する能年玲奈などがあげられます。彼女たちに共通しているのは“いいね!”の数がリツイート数を上回っていること。ツイッターでは“いいね!”の多さが支持率の高さを表すと言われていますからね。ところが松居の場合は“いいね!”が少なく、リツイートのほうが多いんですよ。これは野次馬的なネット民が面白がって、松居の投稿をリツイートしまくっていることを示しています」

 しかも松居への返信ツイートを見てみると、彼女を支持する声は少なく、「夫婦間の問題は自分で解決しろ」「あなたのほうが悪いのでは?」といった声がほとんど。これでは、自分の主張を広めるためにツイッターを開設したものの、逆効果になっているのは明らかだ。

 この調子では近いうちに、ツイートの中止やアカウントの閉鎖という結果に終わる可能性も高いのかもしれない。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング