ジャスティン・ビーバーがまたまた警察に御用

 ジャスティン・ビーバーが7月15日、警察のお世話になった。といっても、今回は運転中の携帯電話の使用。警察関係者が語ったところによると、ジャスティンはビバリーヒルズにおいてメルセデス・ベンツ・Gクラス・ワゴンを運転中、携帯電話を使用しているところを巡査官に見つかり車を停止させられたそうだ。

 その時点で電話をしていたのかメールを打っていたのかは不明だとのことだが、ジャスティンは落ち着いていて協力的で、特に争いもなくチケットを受け取ったという。ちなみに、ビバリーヒルズでの運転中の携帯使用の罰金チケットは平均162ドル(約1万8000円)といわれている。この1カ月前に、道を外さないことを誓い、二度と警察のお世話にはならないと明言していたばかりだった。

 ジャスティンといえば、2014年にマイアミビーチでランボルギーニに乗って友人らとドラッグレースを繰り広げ、飲酒および麻薬の影響下の運転(DUI)、公務執行妨害、免停処分期間中の運転の容疑で逮捕されている。彼は先月、その事件の逮捕後に警察によって撮影された写真をインスタグラムに投稿し「豚箱はろくなところじゃない、楽しくない、2度としない」とキャプションをつけていた。

 ジャスティンが逮捕写真をインスタグラムに載せたのはこの時が初めてではない。今年4月にも逮捕時の写真と現在の自分をコラージュした写真を投稿し「この写真は最高だよ。だっていつも僕が望んでいる場所にいないことを思い出させてくれるし、そう僕はもうかつていたあの場所にはいないんだ。これからまだまだ良くなるってことだよ」と語っていた。

 2010年リリースのシングル「ベイビー」でスターダムにのし上がったジャスティンだが、数々の違法行為、パパラッチやファンとのトラブルなどで常に物議をかもしている。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング