船越英一郎が最も恐れる松居一代「逃亡劇」の結末とは?

 騒動勃発から2週間余り。動画やブログ、ツイッターを駆使した“松居一代劇場”は一向に収束の気配を見せない。マスコミは松居の居場所を特定するべく、当初の拠点とされていた老女宅を訪れたり、映像のバックに流れる音声を分析したりと、さまざまな形でアプローチを試みている。

「もともとは『1年5カ月も尾行されている』『サスペンスより怖い怖い真実から逃げている』という奇怪な告白でしたが、最近の松居は、尾行については一切言及しなくなりました。それどころかマスコミの動きを警戒し、週刊新潮に居場所を突き止められた後のコメントでは、その動きには気付いていたとし、かえって週刊新潮に感謝してみせるなど、逃亡劇を楽しんでいるかのような印象さえ受けます」(女性誌記者)

 松居の論調は日を追うごとにヒートアップ。罵詈雑言を尽くして船越英一郎を糾弾したかと思えば、自身に17万5000人の“家族”がいるとして、船越をレギュラーで使っているNHKへの苦情を扇動するにまで及んでいる。

「このまま松居が放浪生活を続けた場合、船越側から松居のもとに届くことになっている『離婚申立書』を受け取らない可能性が高い。もし松居が申立書を受け取らず調停に現れないとすれば、調停は成立せず離婚裁判に突入。となれば、離婚成立までにますます時間がかかるだけでなく、裁判の場で松居が語る内容が報道されることになるのです。松居が逃げ回っているのは、あるいはそれを狙っているのかもしれません」(前出・女性誌記者)

 船越にとっては、それこそが「怖い怖い真実」となるのかもしれない。

(伊藤その子)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング