大泉洋を容赦なくイジリ倒したTOKIO国分太一に視聴者が不快感

 大泉洋が11月29日に放送されたTOKIOの冠バラエティ番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。TOKIOメンバーから容赦なくイジリ倒され、さすがの大泉も困惑を隠せなかったようだ。

 番組では「大泉=すぐキレる?」という認識が正しいのかを検証するため、日常で起こる許せないことを大泉に事前アンケートをとって紹介。「コンビニで『おにぎり温めますか?』と訊ねてこない店員」「話のオチを盗む人」など、様々なパターンが挙げられていたが、その中の1つに「『大泉洋はイジった方が面白い』と決めつけている出演者やスタッフ」というものがあった。大泉は、特にテレビ局のアナウンサーからイジられること、あまり面識がないのに失礼なことをぶつけてくる人にイラっと来るそうで、実際にムカついたエピソードを熱く語った。

 しかし、そのトークの直後に国分太一は「俺、引いたのが結構許せない人多いんだな、大泉さんは…って思って」と、大泉の熱弁に水をさすような発言。これに松岡昌宏、長瀬智也も乗っかり、スタジオはさながら大泉への即興イジリの展開になった。この間、大泉は一瞬テンションが下がったような様子も見せたが、結局、いつもどおりに面白トークで場を盛り上げて、コーナーを終えた。

 この一幕にネット上では「大泉さんが可哀想」「見ていて物凄くイラっとした」「国分も調子乗ってイジるなよ」「俺が大泉の立場だったら、国分殴ってるわ」と、特に国分に対する批判コメントが多く見受けられたのだ。

「確かに、番組のために30項目のアンケートにしっかり答えてくれた大泉に対して、失礼な物言いだったと思います。嫌なイジラれ方について説明した直後でしたからね。結局、笑いを取りに行くのは大泉ですから、きっとこういうイジられ方が嫌なんでしょう。

 特に国分は、映画『ゲゲゲの鬼太郎』でねずみ男を演じたときの大泉の少々小汚い衣装を見て、『これ、私服?私服ですか?』とツッコんでいました。大泉は『お前ほんと(席が)隣にいたらぶっ飛ばしてんぞ!よかったな、手が届かないところにいて』と返していましたが、本心だったのかもしれませんね」(エンタメ誌ライター)

 大泉は「嫌なイジリでも空気を悪くしないために乗ってあげることがある。それで相手が満足げに帰っていくのが腹が立つ」とも語っていたが、この日の国分がまさにそのパターンだったのではないか。

(田中康)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング