2017/12/13 18:14

篠原涼子「民衆の敵」が民衆に支持されなかった致命的原因

 篠原涼子主演「民衆の敵」(フジテレビ系)の第8話が12月11日に放送され、平均視聴率は5.3%とワースト記録を更新した。これまでの平均視聴率は6.96%。このまま下がれば、“月9ドラマ”ワーストの「突然ですが、明日結婚します」の6.6%を更新する可能性もある。かつて、高視聴率女優と言われた篠原にとっては、屈辱的な黒歴史となりかねない事態だ。

 これほどまでに落ち込んでしまった理由を、テレビ誌ライターは「不運が重なった」と分析する。

「まず、10月16日から放送予定でしたが、第1話に選挙シーンがあったため、衆院選の公示期間中であることに配慮して、放送開始が1週間遅れてしまった。おまけに23日の第1回放送は、セ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦の中継と被り30分遅れに。また、物語の舞台であるあおば市長(余貴美子)は小池百合子都知事をモデルとしていたのに、衆院選での『排除』発言でそれまでの人気が失墜。政治ドラマとしては、バッドタイミングとしか言いようのない最悪のスタートでした」

 そうではあっても、演者の魅力やストーリーの面白さで、視聴者を引っ張ることはできなかったのだろうか?

「安定した数字が取れるドラマの共通点は、言葉の美しさです。逆に、たとえ役のキャラであったとしても、乱暴な言葉遣いは視聴者から嫌われる傾向にある。例えば、同局の『セシルのもくろみ』で真木よう子が演じた主人公も言葉がガサツで下品と敬遠され全話平均視聴率4.48%というゴールデンタイムのドラマとは思えない数字でした。篠原演じる佐藤智子も、市長らしからぬぶっきらぼうな言葉が多い。ドラマとはいえ、リアル感がなさすぎます」(前出・テレビ誌ライター)

 蜜月が続いていた篠原とフジテレビだが、これを機に縁遠くなるのかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

注目キーワード

ランキング