2018/01/30 18:14

食べるだけで痩せるって本当!?「納豆」に含まれるダイエットに必要な栄養素とは

 食べて痩せるダイエットでは、食事内容を工夫して栄養バランスを整えることが欠かせません。

 食物に含まれる成分のうち、体に必要な必須栄養素があります。体脂肪を燃焼させるエネルギー源となる「炭水化物(糖質)・脂質」、ボディラインを引き締めるための筋肉をつくる「たんぱく質」、内臓機能を活性化させて代謝を高めるサポート役の「ビタミン・ミネラル類」、そして腸内環境を整えて便秘の予防・改善に役立つ「食物繊維」などが代表ですが、これら生命活動に必要な栄養素を摂り入れ、体内で活躍させることで、はじめて体全体の働きを活性化させることができるのです。

 そのため、ダイエットでありがちな「あまり食べていないのに太ってしまう」という場合は、カロリーは摂取していても栄養バランスが悪く、うまくエネルギーを消費できていないのかもしれませんね。

 とはいえ、1回の食事で必要な栄養素をすべてバランスよく摂取することは難しい…。そんな場合にオススメなのが、「納豆」です。1パックの納豆には、次のようにダイエットに役立つ栄養素が豊富に含まれているんですよ。

 おかめ納豆を発売しているタカノフーズ株式会社が公開している『納豆の栄養価』によると、納豆1パック(45g)に含まれる各栄養素は次の通り。

■たんぱく質……牛肉肩ロース45g分(7.4g)

■マグネシウム(エネルギーの代謝を助けて動脈硬化を防ぐ)……牡蠣3個分(45mg)

■食物繊維……にんじん1本分(3.0g)

■ビタミンE(コレステロールを減らし血行をよくする)……トマト2分の1個分(0.5mg)

■ビタミンB6(免疫機能を健全に保つ役割を担う)……銀杏約80粒分(0.11mg)

■カリウム(血圧を下げ、筋肉や心筋の活動を正常に保つ)……トマトジュース5分の3缶分(300mg)

■鉄分(立ちくらみやめまいから守る)……牛レバー約40g分

■カルシウム(イライラの発生を防ぎ、骨や歯の形成を助ける)……プレーンヨーグルト2分の1 個分(41mg)

■ビタミンB2(肌や粘膜の健康を保つ)……豚肉肩ロース約100g分またはししゃも5尾分(0.25mg)

 日々さまざまな食材を取り入れることがオススメですが、忙しい朝やすき間時間の昼食などではどうしても難しい…。そんな時こそ、納豆です! 手軽に栄養素を補給するお助け食材として、ぜひ活用してくださいね。

※健康維持に欠かせない栄養素が豊富な食品も、カロリーオーバーや体調不良につながる場合も。ダイエットは、食事のバランスを整え、運動を組み合わせて成功させてくださいね。

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング