嵐・二宮和也「ブラックペアン」に懸念される“唯一の死角”とは?

 嵐・二宮和也が主演を務めるテレビドラマ「ブラックペアン」(TBS系)が、4月からスタートする。同ドラマは、春ドラマの中でも特に高視聴率が期待されているという。

「『ブラックペアン』は、『陸王』や『99.9─刑事専門弁護士─』など、次々とヒット作を生み出している『日曜劇場』で放送されます。同作は、『チーム・バチスタの栄光』などで知られる人気小説家・海堂尊氏の原作で、監督は『半沢直樹』(TBS系)などを手掛けた福澤克雄氏が担当。さらに二宮の共演者には、昨年大ブレイクした竹内涼真や、小泉孝太郎、内野聖陽といった実力派も顔を揃えることで、一部では高視聴率が間違いないと言われているのです」(テレビ誌記者)

 人気ドラマを連発する日曜劇場は、朝ドラや大河ドラマに並び、いま最も俳優たちが出演を狙う枠だと言われている。そして今回も、死角が全くないように思える「ブラックペアン」だが、ただ1点、ドラマファンから不安視されていることがあるという。

「今回、ドラマファンが懸念しているのは、『ブラックペアン』の脚本家・丑尾健太郎氏です。彼が過去に執筆した作品に、EXILEのAKIRAが主演した『HEAT』(フジテレビ系)があるのですが、同ドラマは一時2%台という低視聴率を記録し、打ち切りとなった。オリジナルだった『HEAT』に対し、『ブラックペアン』は原作付きではありますが、1冊の本を10話のドラマに引き伸ばすとなると、オリジナル要素を多数盛り込まなければならないため、ネットには『脚本家が心配』という意見があがっているのです。もっとも『HEAT』は3人の脚本家で回していたため、丑尾氏だけの責任とは言い切れませんし、『小さな巨人』ではしっかり結果を出してます。それよりも日曜劇場のメイン視聴者はオジサン層。彼らを納得させるような演技を二宮ができるかどうかのほうが心配ですよ」(前出・テレビ誌記者)

 同じ嵐メンバーである松本潤が主演した「99.9」に負けないだけの高視聴率を二宮が獲得することができるか注目だ。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング