石橋貴明、とんねるず冠番組復活のために越えなければならないハードルとは

 前身番組から数えると30年に渡って続いたバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が、3月22日に最終回を迎え、長い番組の歴史に幕を下ろした。

「番組ラストでは、1991年に出場した『紅白』でも歌った代表曲『情けねえ』を熱唱。中でも〈この国を滅ぼすなよ〉の〈この国 〉を〈バラエティ〉に、〈この国をおちょくるなよ〉の〈この国〉を〈フジテレビ〉に変える“男気溢れる”演出で歌い上げ、ネットでは、『あ~、寂しい』『唯一無二のとんねるず また必ず帰ってくるはず』といった番組終了を惜しむ声が寄せられました」(エンタメ誌ライター)

 芸能界からも、ゴルゴ松本はブログに〈寂しいな 涙が止まらね~~!!〉とつづり、最後の収録を観に行ったというヒロミも〈ずっと続けていて欲しかったな。いつかまたやってください。カッコいい二人で!〉と、復活を願うコメントを残している。

 しかし、とんねるずの冠番組復活のためには、越えなければならないハードルがある。それが、石橋とミッツ・マングローブの2人がMCを務める新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)の視聴率だという。

 同番組は、毎週ゲストを迎え、テレビや歌謡曲、漫画、野球など様々なテーマの「ちょっと前の昔話」で盛り上がる、大人のノスタルジーを刺激するトークバラエティ。このコンセプトについては、異を唱える声もある。

「フジテレビの月曜23時の枠といえば、他局がニュース番組をやっている中、『あいのり』や『テラスハウス』など、若者向けの恋愛番組をぶつけてきました。そんな中で懐古趣味的な番組を持ってきて、果たして当たるのかという懸念が早くも出ています」(放送作家)

 また、石橋&ミッツの異色コンビに関しても、「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)、マツコとナイナイ矢部浩之の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)の二番煎じではないか、という意見も出ている。

「そうなると視聴率を獲るためには、お笑い界の重鎮でもある石橋が、どれだけメジャーなゲストを呼べるかにかかっていると言っても過言ではありません」(前出・放送作家)

 ゲストを呼ぶ力が問われるなら「制作サイドに回った方がいい」と言う声も出かねない!?

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング