大人女性が知っておきたい!?「レス・イズ・モア」という考え方

 大人の女性といえば、「周りに流されず自分らしく生きている」というイメージがありますよね。大人かどうかはともかく、流行や人の意見などには安易に流されず、自分の考えで何事も決断したいものです。

 こうした考え方の一つとして、「レス・イズ・モア」という言葉があります。これは、「少ないことは豊か」「少ないことは素晴らしい」「少なければ多くなる」という意味から、「余計なものをそぎ落として自分の大事なことにフォーカスする」という人生訓にもなっていて、多くのフランス人女性がこの考え方を持っているそうです。

 家具販売・空間デザインを主とするリグナの創業者である小澤良介さんの著書「なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?:人生を好転させる『空間』の活かし方」(きずな出版)では、レス・イズ・モアを空間で例えた場合、代表的なものが寿司屋だと書かれています。寿司屋の職人は、ネタを切ったらまな板や包丁をきれいに拭い、周りには最小限のものしか置きません。それが美しい空間を作り出しているのだとか。

 空間以外にも共通しますが、レス・イズ・モアは、「少ないモノに囲まれて生きることこそ、得るものは大きく、その先には幸せがどんどん増えていく」ともいえそうです。最近では、モノを持たないミニマリストの人々が、これに共感しているのだとか。「シンプル・イズ・ベスト」「清貧」などともいわれることがあるようですが、自分を見直すきっかけとして、こうした考えに触れてみるのもいいかもしれませんね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング