コラーゲンたっぷりの食事は美肌には無意味だった!?

 鶏白湯スープや豚足、もつ鍋などは、女性にうれしいコラーゲンたっぷりの食事。肌にいいという噂を耳にして、レストランで率先して注文している人もいるのでは? でも、実はそれ、あまり意味がないようなのです。

 美容皮膚科医の吉木伸子さんの著書「吉木伸子が教える本当に正しいアンチエイジング大事典」(主婦の友社刊)によると、肌のコラーゲンを増やしたいなら、食品からではなく、コラーゲンをつくるアミノ酸をバランスよく含むタンパク質がいいのだとか。そのためには、肉や魚などをうまく取り入れるのがよいそうです。そして何よりスキンケアで、ビタミンC誘導体やレチノール配合の化粧品を使うことが大切なんだそうですよ。

 さらに、今話題の美容鍼で、コラーゲン効果が期待できるとか。美容鍼灸専門サロンであるブレア元町院長の上田隆勇さんの著書「美容鍼灸師が教える5歳若返る顔ツボ1分マッサージ」(ぶんか社刊)には、食事や化粧品などで体の外からコラーゲンを摂取しても、そのままでは体内に吸収されにくく、肌の活性化にはつながらないのだとか。また、美容鍼で肌組織に直接アプローチすることによって、自らの力でコラーゲンを生産して補給していくことが可能になると書かれていました。

 食事からコラーゲンを摂っても、そのまま肌のコラーゲンにはならないとは驚きですよね。コラーゲンのこと、ちょっと見直したいものですね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング