2018/07/25 07:15

吉岡里帆「健康で文化的な最低限度の生活」視聴率が伸び悩む3つの理由

 女優・吉岡里帆主演の連続ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)の視聴率が伸び悩み、波紋を広げている。

「このドラマは、『ビッグコミックスピリッツ』に連載されている柏木ハルコ氏の漫画が原作。生活保護の現場を舞台に、新人ケースワーカーが戸惑いながらも成長していく姿を描き、福祉の現場からも高い評価を受けています。それだけに、この視聴率には驚きました。主役の義経えみるを演じるにあたって、吉岡自身も専門書を読んだり実際に働いている若手ケースワーカーを取材するなど随分熱心に勉強していたようですが…」(テレビ誌記者)

 番組を観た視聴者からは、「吉岡里帆は可愛いけどなぁ~ドラマがあんまりやなぁ~」「何かこう惹かれるものがなかった。残念!」といった、内容に対する厳しい意見もあった。しかし、視聴率不振の原因はそれだけではないという。

「主役を演じる吉岡は、1月期の『きみが心に棲みついた』(TBS系)に続く、連ドラ主演。前回の全話平均視聴率も7.7%と振るいませんでした。しかも、前回演じた“キョド子”役に対して『観ているだけでイライラする』『痛々しくて見ていられない』といったネガティブな意見も続出。今回ドラマを観た視聴者からも、『キョド子はもういいです』といった厳しい声がネットに寄せられています。前回の連ドラからわずか3カ月。まだまだ役柄のネガティブなイメージが払拭されていないのではないでしょうか」(前出・テレビ誌記者)

 さらに、吉岡自身のキャラクターを問題視する指摘もある。

「NHKの朝ドラ『あさが来た』や連ドラ『カルテット』(TBS系)で、演技力を高く評価する声がある一方で、番宣などでバラエティ番組に出演した際、共演者たちに媚びるような彼女の素振りを見て“あざとい”“計算高い”と見る女性視聴者が少なくないのです」(放送作家)

 二度目の主演だけに、今度こそ結果を残したい吉岡。視聴率回復の秘策はあるのか。今後の展開を見守りたい。

(窪田史朗/写真:パシャ)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング