水原希子「嫌になってきたなぁ」ツイッターでのボヤきの真意

 モデルの水原希子が8月18日、ツイッターを更新し、自身の発言が原因で多くの誤解を招くことへのもどかしさを述べている。

 水原は「何か言う度に勘違いされるの、、前は気にしてなかったけど、なんか嫌になってきたなぁ」と切り出し、発言の意図と世間からの反応にズレが生じている現状を嘆くと、「ちゃんと説明したいのに、他人が関わってるから説明出来ないもどかしさ。とにかく心配しなくて大丈夫ですよ!!と強く言いたい!笑」と綴り、詳細を伝えられない事情があることも明かした。

「今回の水原のボヤきがツイッター上での出来事なのかは分かりませんが、彼女がこのツイート以前に投稿した最後のつぶやきは、8月15日に9つのスタンプを並べただけの簡素なもので、その前は11日の『最近毎日奇跡』というもの。どちらのツイートもその意図や背景に関しては説明されておらず、スタンプの羅列や、“奇跡”が何を指すのかは分かりません。水原本人が『他人が関わってる』と説明した為、“誰かと過ごした奇跡の毎日”というようなイメージなのでしょうか。謎は深まるばかりです」(テレビ誌ライター)

 なお、水原による今回のツイートに対しては、ファンから「はっきり言ってくれた方が気持ちいいものです。あたしはキコちゃんが好き」「希子ちゃんが大切に想っている人たちがちゃんとわかってくれていたらそれでいいと思います」「心配しなくて大丈夫ですよ! と聞くと安心します。これからも嫌なことは多々あると思いますがなるべく気にせず希子ちゃんらしく生きてほしいです」との温かいリプライが飛び交い、ありのままの水原希子を支持する反応が集まっている。

 今年4月には、某企業の広告撮影現場で体験した性的嫌がらせを告白し、波紋を呼ぶなどしていた水原。思ったことを口にする歯に衣着せぬ発言で知られる彼女だが、その裏では詳細に説明できないことのもどかしさや、それによって生じる誤解に悩む日々を過ごしていたのかもしれない。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング