2018/10/08 10:14

イライラする子どもの「口答え」、どう返す?

 近しい間柄だからこそ、心の底では思ってもいない悪口を軽々しく言ってしまったり、せっかくのアドバイスを「ウルセェ!」で返してみたくなったりしてしまうもの。とくに、子どもが反抗期になると、親への言葉の汚さが気になりますよね。口答えも反抗も健全な成長とはいえ、親に対する口の聞き方はわきまえさせる必要があります。では、子どもが口答えしたとき、いったいどのように返せばよいのでしょうか。

 子どもの口答えに、感情的に返すのはNGです。イライラに任せて汚い言葉を使ったり、「そんなことを言うなら、食事なし!」などと言ったり、子どもの口答えと同じような返答をしては、信頼を築くことはできません。

「お母さんは、そういう言葉で話されると悲しくなる」と気持ちを素直に伝えたうえで(私は、ここでは感情が入ってもよいと思っています)、「そういうときは○○○という言い方をしようね」と、正しい言葉を伝えましょう。“これだけは譲れない”という部分は厳しく伝え、きちんと言えるまで向き合います。それができたら「いいね!」の気持ちに切り替え、何度も言い続けることのないようにしましょう。

 反抗期のときなど、子どもの至らない点や態度が気になると、意外と見落としてしまうのが、素直に話したときや正しい言い方ができたとき。「それが当たり前だ」と言ってはそれまでですが、「そういう話し方で話してくれると、お母さんも気持ちよく話せるよ」「その言い方、素敵だね」などと一言伝えるだけで、子どもは親が行動をしっかりみてくれていることを実感します。叱るときだけ偉い親のように振る舞い、そうでないときは自分を認めてくれないと感じていては、親の言うことを素直に受け取れなくなってしまいます。

 子どもは、本気で自分のことを想い、叱ってくれる人を嫌いになったりはしません。「だからあなたはダメなのよ」と、今の行動ではなく人格を否定されたり理不尽に感じたりすることで、歯車が崩れていってしまいます。コミュニケーションは、相手が快くボールを返せるようにボールを投げるキャッチボールだということを、自分自身にもルールと課し、ぜひ子どもと向き合ってくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 80350

    見た目や年収など“条件”で選んだ結婚は破綻する!?本気で幸せな将来を望む女性に最適な婚活とは?

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増しているそうです。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約4倍強なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」こと … 続きを読む 見た目や年収など“条件”で選んだ結婚は破綻する!?本気で幸せな将来を望む女性に最適な婚活とは?

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング