2018/10/14 10:14

我が子が友だちをいじめていたら…あなたはどうしますか?

 園や学校に子どもを送り出すと、しっかりと課題をクリアしているかだけでなく、「友だちとうまくやっているか?」が気になりますよね。もしも我が子が「あの家の○○くん(ちゃん)、△△くんをいじめてるんだって…!」なんて噂を耳にしたら、あなたはどうしますか? いじめの被害者はもちろん、加害者になることも防ぎたいものです。

 言葉の暴力、あるいは手が出てしまった場合でも、友だちと何かあったのに我が子が平気な顔をしていると不安になりますよね。「だって、向こうがいけないんだよ!」なんて、自分を正当化し始めたらなおさら。「うちの子は相手に優しくしようとする心や相手を思いやる気持ちがないのだろうか…」と思ってしまいます。どうにか謝らせても、それは本心ではなく、同じことを繰り返すケースも多いです。自分がどうだったかではなく、相手の気持ちを尊重してお互いに心地よく過ごすための行動ができるように促すには、相手の気持ちと向き合う時間が必要となります。

 そのためにはどうすればいいか。まずは「自分も嫌な気持ちになったんだ!」という言い分があればそれを受け入れ、「嫌だったね」と共感しましょう。話し合いはそれから。「あなたが嫌だった気持ちはよくわかった。同じように相手のことも考えてみよう。○○くん(ちゃん)は、あなたにそうされてどうだったと思う?」と問い、相手に思いを馳せる時間を作ってください。

 そして、相手の気持ちがわかったら、お互いに気持ちよく過ごすにはどうしたらいいかを子どもに考えさせます。すると、「嫌なときは、手ではなく言葉で伝える」「嫌だと言われたことは、たとえ自分は平気でも相手にはしない」など、その子なりの気遣いが出てきます。それを尊重しながら「じゃあ、次はこんなふうにしようね」と目標を作りましょう。その通りにできたかどうかを注意深く観察し、できていたらたっぷり褒めてください。失敗した場合はまた同じように話し合い、次の目標を立てます。

 子どもに言い聞かせるとき、「やめなさい」「謝りなさい」ではなかなか解決しません。その子が自らその道を選べるように、納得して選択できるように渡してあげることが大切なのです。

 社会に出ても、ずっと人と人との関係性の中で生きていきます。だからこそ、小さい時から相手の気持ちについてじっくり考え、試行錯誤する時間を作ってあげましょう。もちろん、「どんなにケンカをしてもいいけれど、仲直りすること」「暴力で解決しないこと」など、最低限のルールは徹底して伝えてくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング