ディーン・フジオカが演じていた殺人犯「市橋達也」役にファンがドン引き!

20160123fuzioka-2

 連日、高視聴率を記録しているNHKの朝ドラ「あさが来た」。その人気の一翼を担ってきたのが、五代友厚役のディーン・フジオカである。

「視聴率獲得を狙ったNHKが五代の病死を事前に発表してしまい、ファンから『五代様を死なせないで』という悲鳴にも似た声が多数寄せられました。この後、TBSの連ドラ『ダメな私に恋してください』への出演が決まっているので、このタイミングでのフェイドアウトは最初から決まっていたようです」(女性誌記者)

「さわやかなイケメン」「英国紳士」といった“白馬の王子”キャラが定着しつつあるディーンだが、ファンの間ではディーンが過去に出演したある作品が話題を呼んでいるという。

「2013年の映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』で、2007年に起きた“リンゼイさん殺人事件”で世間を騒がせた殺人犯・市橋達也を演じているんです。何かに憑かれたような鋭い目は、とても五代と同じ人物とは思えないほど獣じみていた。しかも、みずから監督をして主題歌まで歌っています。現在の王子キャラとのギャップがありすぎて映画を観たファンはみんなドン引きしているそうですよ」(テレビ誌記者)

 高校卒業後、アメリカの大学に進学して、アジアを旅しながら香港、台湾でキャリアを積むなど、“ハングリー精神の塊”と言われるディーン。今後もさわやか系だけに収まらず、さまざまな役で怪演を見せてくれそうだが、その演技は女性たちをときめかせるのか、はたまたドン引きさせるのか?

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング