2018/10/27 18:14

長男・長女は拗ねやすい!?兄弟姉妹を育てるときに注意したいことは?

 子どもの頃の写真がたっぷりあるのは、やっぱり長男や長女。次女の筆者は「どうして私の小さい頃の写真はこんなに少ないの?」と文句を言ったものです。それほど愛情を注いできたはずの上の子ほど、なぜか愛情を感じていない…? 実はそんなことがあるようなんです。

 一人っ子時代はそれこそ初めての子育てにあたふたしながらも、大切に大切に育てられる第一子。しかし、妹や弟が登場すると、歳を重ねるにつれてどんどん頼りなくなって卑屈になっていくと、お母さん方から相談をいただくことがあります。そこには、「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」としての生き方を望まれた、長男長女たちの心の叫びが隠れていることが多いです。

 子どもは、第一子だろうが第二子だろうが、末っ子だろうが真ん中だろうが、「自分はたった一人の、お母さんの子ども」です。それなのに、どうしても上の子は下の子のために欲求を抑えられ、見本となることを要求されがち。「お姉ちゃん(お兄ちゃん)なんだから、しっかりしてね」という母からの言葉は、「妹(弟)ばかり自分の好きなようにできて、ずるい!」という反抗心を掻き立てます。

 また、“いい子にならないといけない”というプレッシャーに押しつぶされて、いつもドキドキ緊張してしまう子も。100%甘えられる存在の母親に甘えることができず、家で安らぐこともできずに、内にこもってしまう子も少なくありません。

 長子にとって一番苦しいのが、下の子に抜かれそうになってしまったり、下の子ばかり褒められたりしてしまうこと。「私は“ここがいい”って褒められたこと、一度足りともありませんでした。いつも兄弟と比べられて、自分なんていいところなど一つもないと思って生きてきました」と語る大人もいるほどですから、幼少時代からの積み重ねは大きな心の闇になる場合があります。

 下の子は、上の子の成功も失敗も、親とのやりとりも全て観察して、よりよい生き方を選ぶことができます。それに対して、上の子はいつでも一発勝負。ゼロから自分で考え、行動するしかありません。だからこそ、いつでも背中を押してくれ、頑張ったら戻ることができる温かい存在を求めています。厳しさも必要ですが、安らぎも同じくらい必要なのです。

 上の子だから当たり前にできるということはないと心に留めて、一人の子どもとして愛情をたっぷり注いであげてください。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング