2018/12/07 10:15

「ちょうどいいブス」をわかってない!夏菜主演の新年ドラマに早くも暗雲?

 来年1月10日からスタートする読売テレビ制作のドラマ「ちょうどいいブスのススメ」で、夏菜がイケてないOL役で「ちょうどいいブス」を目指すことに。共演が高橋メアリージュン、小林きな子。でも、このキャストが発表された途端、「ちょうどいいブスが1人もいない」「まるでわかってない」と、SNS上はブーイングの嵐だとか。

「原作はお笑いコンビ『相席スタート』の山崎ケイのエッセイ。山崎は“ちょうどいいブス”芸人としてブレイクしていますから、原作者本人もある程度は納得してのキャスティングかもしれません。ですが男から言わせてもらうと、まるでわかってないという声に賛同ですね。夏菜がちょうどいいブスだとしたら、ほとんどの会社で美人に分類されているOLがそれになってしまいますよ。ドラマでは『自分表現下手くそブス』、高橋は『融通きかないブス』、小林は『開き直りブス』とキャラクターでブスのレッテルを貼るやり方のようですが、これにも『内面ブスはちょうどいいブスではない』とツッコミが入っています」(エンタメ誌記者)

 オフィス取材も豊富な記者曰く、「ちょうどいいブス」とは、顔は美人とは言いづらいけど、ボディに隠れた魅力があったり、下ネタなどを言ってもOK、いろんな意味で後腐れなさを感じさせる女性なのだとか。

「誤解を恐れずにいえば、恋人未満でちょっといやらしい事がしたくなる女ですね。つまり、女性側のほうに性的好奇心を刺激する雰囲気があったり、ちょっとガードの緩さを感じさせないとダメ。原作者の山崎もコンビのネタで、自分の見た目を棚に上げて、男を誘惑するキャラをやったりしますから、それを称して『ちょうどいいブス』と言うわけです。学生時代のクラスでいえば、思ったより異性から人気があるという女子を指すのでしょうか。アンゴラ村長なども同じ系統ですが、事実、どちらも熱心な隠れファンは多いですよね」(前出・エンタメ誌記者)

 男たちの勝手な欲求が“ちょうどいいブス”現象を生んだとすれば、「夏菜がブスではハードル高すぎ」「メアリージュンが融通きかないとか、ふつうに美人のそれ」「小林の開き直りとかって完全なドブスのパターン」と、ドラマに対して“それじゃない感”を訴える声が飛ぶのも当然かも。はたして視聴率のほうは“ちょうどいい”感じになるのやら?

(飯野さつき)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング