もの足りない!?ゲス&ベッキー続報を求める読者の“文春期待値”

20160201becky

 1月28日発売の「週刊文春」は、「ゲスの極み乙女。」川谷絵音とベッキーの“禁断愛”第4弾を掲載。これまで書かれなかったエピソードを紹介した。

「卒論」「センテンス スプリング」など独自のワードを駆使して愛を確かめ合った2人だが、今回も新語「レッツ ポジティブ」が登場。これにはさっそくネット上で「人に迷惑かけてもポジティブ?」「厚顔無恥とポジティブは違うぞ」「もはや嫌悪感しかない」など批判の言葉が続々と書き込まれている。しかし、これまで3週に比べて明らかに違う切り口のコメントも。

「『完売は難しそう』『ネタも尻すぼみ』『今回はあんまり話題になってない』など、残念さを感じさせる言葉が見受けられます。読者はこれではもの足りないと思っているのでしょう。記事に関するコメント数やツイート数の伸び方もこれまでより明らかに遅い。このネタの衝撃に読者が慣れてしまったのかもしれません」(芸能ライター)

 なかには、特に第1弾、第3弾の話題性が大きかったことから、今週はひと休みして次週の第5弾が期待できるのではと予想するコメントもある。

「今週掲載で“総集編”と書いていますからね。このネタに関する新たなスクープがない限り、第5弾は難しいと思いますよ」(女性誌記者)

 とはいえ、ベッキーはCM打ち切り、川谷はラジオ出演一時休止。そして何より、ともに大きなイメージダウンと、燃え広がった炎による被害は甚大。その現実を、頭を冷やして見つめてみてはいかがだろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング