2019/01/23 10:14

脱・ブルドック顔!5歳若返る3つのエクササイズ

 顔の中でも、年齢が出やすいのがほうれい線。加えて、頬が垂れてくると「ブルドック顔」と呼ばれるほど深いシワが刻み込まれてしまいます。この予防・改善には、次の3つの習慣化がオススメです。

■ぐるぐるエクササイズでほうれい線を予防

 舌を歯茎と上唇の間に入れ、ほうれい線に沿って内側から押し上げるように動かします。ほうれい線の部分だけを行ったり来たりするのが面倒な場合は、鼻の下から口の横へ、下の歯の前を通って反対側のほうれい線へとぐるっと一周動かすのもOKです。1日1回3分間、このエクササイズを習慣にしましょう。テレビのCMタイムを使うなど、ルールを決めると習慣化しやすいですよ。

■リンパマッサージでむくみとたるみを撃退

 頬のむくみやたるみは、ほうれい線を刻み込む原因にもなります。この予防・改善にはリンパマッサージも効果的。まずはマッサージオイルを手に馴染ませ、次に顎の真ん中から耳の下に向かって、口の横から耳の下に向かって、鼻の横から耳の下に向かって、内側から外側に流すように指圧しながらマッサージしましょう。オイルでのマッサージが面倒な場合は、お風呂での洗顔時に行うと、滑りのよい状態でできますよ。

■笑顔で表情筋を鍛える

 普段から顔の筋肉を動かすことでも、たるみを予防・改善することができます。口の周りの筋肉を刺激するには、大きく口を開ける「笑う」行為がぴったり。笑顔でいれば口角がキュッと上がり、頬のたるみやほうれい線も気にならなくなりますよ。日々楽しく、にこやかに過ごすことで、若々しい表情の土台を強化しましょう。逆にいえば、疲れた暗い表情は、若い人をもブルドック顔に変えてしまうのです。

 毎日を笑顔で過ごし、マッサージやエクササイズを習慣化して、年齢を感じさせないキュッと上がった口角を目指しましょう。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング