松田優作の娘・ゆう姫が“終始タメ口”で視聴者も「なんじゃこりゃ~」!?

 1月30日放送に放送された「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に、ミュージシャンで故・松田優作の長女のゆう姫がバラエティに初出演。誰からも愛される昭和の名優を父に持つが、タメ口キャラが視聴者をイラつかせ、炎上デビューを飾ってしまったようだ。

 番組でゆう姫は、自身が1歳のときに亡くなった父、松田優作の「記憶はない」としながらも、母・松田美由紀、兄である龍平と翔太との思い出や中学卒業後の留学話を、俳優一家ならではの仰天エピソードを交えて語った。

 ネットでは「お母さんにソックリ」「千秋?と思ったら違った。千秋に似てるよね」と言った声に混じり「何でタメ口なの?ずっとタメ口なのが不快なんだけど」「敬語使えないのかな、芸能界舐めてます感はんぱない(笑)」「どんな理由であれ、タメ口はだめでしょ」など、その語り口にイラッとしてしまった視聴者が多いようだ。

「MCの徳井義実さん相手に始終タメ口でしたね。帰国子女ということもあるんでしょうけど、留学は中学卒業後ですから、幼少期に移住したり、海外で生まれ育った帰国子女とはワケが違うと思いますけどね」(テレビ誌ライター)

 芸能界には数々の“タメ口キャラ”が存在するが…。テレビ誌ライターが続ける。

「森泉やローラ、ダレノガレ明美など、タメ口キャラの芸能人は多いですが、皆、実は礼儀正しく、テレビに映っていない場では敬語を使えます。そういった彼女たちと比較し、今回の放送を見る限り、ゆう姫の場合はキャラじゃなくてガチなのかなと思える部分もあり心配です。公私使い分ける“タメ口キャラ”として昇華できないなら、普段からきちんと敬語で話す習慣を身につけた方がいいかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 ネット上では、「タメ口以前に無愛想すぎてバラエティには向かなそう」「家族のイメージ考えたら、テレビに出ない方がいいかもね」といった声も出ている。

 視聴者たちは思わず「なんじゃこりゃ~!」と叫んでしまったようだ。

(石見剣)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング