永山絢斗が「はじこい」で深田恭子を“バックハグ”しネット民が熱狂!

 女優・深田恭子主演のドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」(TBS系)の第3話が1月29日に放送され、エンディング間近に永山絢斗演じる雅志が主人公・順子(深田)を“後ろからハグ”するシーンが登場。ネットでは視聴者からの興奮するコメントが躍った。

「このドラマは、いちいち残念なアラサーしくじり鈍感女子をめぐり、3人の男たちがバトルを繰り広げるラブコメディ。この中で永山演じる八雲雅志は、順子のいとこで中学時代から片思いを続ける東大卒のエリート商社マン。ところが恋愛下手で、何度もアプローチするも超鈍感な順子にスルーされ続けて来ました」(テレビ誌記者)

 第3話では、想いを寄せる順子とデートするために過労で倒れてしまう雅志。朝日が登る夜明けの海岸で、車の後ろの席から運転席の順子を抱きしめ「俺、お前が好きだ」と告白するシーンに「最後!!!やばい、死んだ」「めっちゃキュンキュンしました」「東大卒エリート商社マンのいとこ雅志といい感じになることを願ってます」といったコメントが寄せられた。

「雅志役について永山曰く、『7秒女性と目を合わせれば告白されるような奴ですが、自分の恋だけは思い通りにならない。もどかしい役どころ』と理解しているようです。永山は、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した2010年の映画『ソフトボーイ』のオニツカ役を始め、2016年に放送されたNHK朝ドラ『べっぴんさん』で演じたヒロインの夫役・紀夫など、おとなしく引っ込み思案な役を演じさせたら天下一品。今回の雅志役もハマり役。ですが、いつも同じような役ばかりでは、いずれ行き詰まるのではないかと心配する声もあります」(前出・テレビ誌記者)

 しかし演じる役柄とは裏腹に、素顔の永山は、決して引っ込み思案でも奥手でもないと写真誌デスクは語る。

「永山は2014年、ドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)で女優・満島ひかりと共演した際、熱愛が発覚。当時、満島が結婚していたことから“不貞疑惑”が浮上するなど、決して恋愛下手ではありません。また同じ年には、『週刊文春』に美女連れの“泥酔スキャンダル”が報じられるなど武勇伝の持ち主。これから主役を張っていくためには、こうした素の部分を活かして、そろそろ新境地を開拓して欲しいところですね」

 そういった意味でも、20代最後となったこの作品で、恋の“四角関係”を制して、新たな永山絢斗を見せて欲しいところだ。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング