九州のは甘い?地方出身者のこだわりが出る「醤油」の話

 あなたの周りに、醤油にこだわりがある人はいませんか? その人は、もしかしたら地方出身者かもしれません。というのも、地方の醤油はそれぞれが個性的で、地方出身者は故郷の味にこだわる傾向があるからです。

 ある掲示板では、旦那さんが九州出身で、「故郷の九州醤油でないと満足いかない」という夫にイラッとしているという、妻からの投稿がありました。その九州醤油は値段が高いのですべての料理に使う訳にはいかず、子どもや自分用とは使い分けて調理をしなければならないので面倒なんだそう。確かに、こだわりが強過ぎると困りものですよね。

 キッコーマンの資料によると、九州の醤油は甘口なんだそう。大分県の地元の醤油蔵を回ると、「香り関東、味九州」という言葉がよく聞かれたそうです。これは、「香りは関東の醤油がよいが、味は九州の醤油が美味しい」という意味。そういう言葉に囲まれて育てば、その味にこだわるのは必然なのかもしれませんね。

 また、味だけではなく、醤油の使い方にも地域差があるようです。京都では、煮物・お吸い物には「淡口醤油」を使う一方、あめ炊き、かけ醤油には「濃口醤油」を使うといったように、メニューや調理法によって使い分けされているなどの特色があるといわれています。関東を含む東日本では濃口一辺倒で、淡口のものは馴染みがないという人も多いかと思います。なので、「醤油を使い分けている」なんて聞くと、ちょっとびっくりしてしまうかもしれませんね。

 全国各地の醤油の使い方やこだわりはさまざま。そうした特色を理解し、他人のこだわりには寛容でいたいものです。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング